2017年05月20日

ピーマン:本支柱を立てる


 毎年4株の苗を購入しピーマンを栽培している。2017年1月7日、土づくり(天地返し)を行う。3月25日、仮畝の中心に深溝を掘り元肥(1)を施す。

 4月12日、畝をつくり、黒マルチを張る。4月27日、購入苗4株を植え付ける。5月4日、換気フィルムから防虫ネットトンネルにする。

 5月18日、防虫ネットトンネルを撤収し本支柱を立てる。


6.本支柱を立てる(5月18日)

 4月27日に植え付けたピーマン4株は順調に生育している。草勢も強く、第一花房に小さなピーマンが着果している。

SSCN2061[1].JPG

SSCN2063[1].JPG

SSCN2065[1].JPG
(脇芽を欠いて本支柱を立てる)

 5月18日、防虫ネットを撤収し本支柱を立てる。各株に鋼管被覆支柱を1本立て、強風で倒れないようにポリ紐で結える。本支柱だけでは強風で倒れ易いので補強の支柱を立てる。

 真竹支柱8本と横通しの篠竹1本で補強する。ピーマンは3本仕立てにする太い側枝だけを残し、それ以外の全ての脇芽を欠く。

 すでに着果しているピーマンの実も摘み取る。大きくすると実に養分を取られ、木の生長が遅れてしまうためである。

 今後、側枝が伸び始めたたらV字型の支柱を立てることとする。

posted by 菜園おじさん at 06:07| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春播きニンジン:2回目の間引き

 
 2月10日、秋播きゴボウの跡地をシャベルで深く耕す。2月15日、春播きニンジンの畝をつくる。2月22日、播種する(あまうま五寸(造粒)、時なし五寸)。

 3月11日、発芽が始まる。3月24日、POトンネル育苗を止める。4月29日、1回目の間引きをする。5月18日、2回目の間引きをする。


7.2回目の間引き(5月18日)

 5月18日、草丈が25cm程度に成長したので2回目の間引きを行う。畝の除草を行い、苗を指で引き抜き株間を3〜5cm間隔とする。

SSCN2095[1].JPG

SSCN2093[1].JPG
(密な苗を間引いて株間3〜5cmにする)

 間引いたミニニンジンは結構肥大している。生育は順調、今後はキアゲハの幼虫の食害に注意したい。

posted by 菜園おじさん at 06:02| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

サツマイモ:1回目の植付け


 安納イモとベニアズマ、ベニハルカの3種類を栽培する。2015年11月7日、踏込み温床をつくる。2016年3月1日、踏込温床の発酵を始める。

 3月5日、踏込温床に用土を敷く。3月9日、種イモ7本を温床に伏せ込む。3月28日、発芽が始まる。4月22日、苗床のビニール捲り天日に当てる。

 4月23日、土づくりをする。5月1日、気温上昇で温床のビニールを寒冷紗に切り替える。5月8日、平畝に黒マルチを張る。

 5月17日、1回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。


9.1回目の植付け(5月17日)

 5月17日、1回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。踏込み苗床から自家製苗本40(ベニハルカ20本、ベニアズマ20本)を切り取る。

SSCN2078[1].JPG

SSCN2080[1].JPG

SSCN2082[1].JPG

SSCN2085[1].JPG

SSCN2087[1].JPG
(踏込み温床から苗を採り植えつける)

 踏込み苗床の苗は本葉10〜16枚に生長している。根元側に2〜3節残してハサミで切り取る。2〜3節残すと、蔓が伸びてくるので再び苗を採ることが出来る。

 黒マルチや不透明マルチの植え穴(直径8cm)に株間30cmとして直径1cm程度の竹棒を斜めに差し込み、ジョウロで約500ccの水を穴に注入する。

 注入後竹棒で土と水をかき混ぜ田んぼの代掻きをした状態にする(ドロドロ状にする)。注入した穴に苗を斜めに差込み植え穴を土で埋め、手で鎮圧する。

 畝全体を寒冷紗トンネルで覆い乾燥を防ぎ着根を早める。畝と自家製苗が出来次第、2回目の植え付けをすることにする。

posted by 菜園おじさん at 06:59| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オクラ:播種


 毎年自家製種(円形と角型)でオクラを栽培している。5月12日、土づくりをする。5月17日、直播きする。


2.播種(5月17日)

 5月12日、シュンギクの跡地に元肥を施し幅90cm×長さ4mの平畝をつくる。5月17日、自家採取オクラを直播きする。

SSCN2053[1].JPG

SSCN2055[1].JPG

SSCN2057[1].JPG

SSCN2059[1].JPG
(ネキリムシ対策をした畝に種を直播する)

 先ず畝に幅約40cm×長さ4mのプチプチの城壁をつくる(ネキリムシ対策)。城壁の中に角材で幅約3cm×長さ4m×深さ2cmの播き溝をつくる。

 2昼夜水に浸したオクラ(約60%の種は発根している)を株間約8cmとして2粒ずつ播く。今年も密植栽培とする。金網で篩った畑の土で覆土し、角材で強く鎮圧する。

 ジョウロで散水する。オクラの発芽適温(地温)は25〜30℃と高い。防虫ネットのトンネルで畝を覆う。播種後1週間程度で発芽すると見ている。

posted by 菜園おじさん at 06:53| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする