2017年05月21日

キュウリ:園芸ネットを張る


 2016年12月18日、キュウリの栽培予定地(ナスの跡地)を天地返しする。 2017年3月19日、仮畝に元肥(1)を施す。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを張る。4月26日、購入苗4株(ときわ333)を植え付ける。5月3日、換気フィルムから防虫ネットトンネルにする。

 5月15日、合掌式支柱を立てる。5月19日、防虫ネットトンネルを撤去し合掌式支柱に園芸ネットを張る。


7.園芸ネットを張る(5月19日)

 5月15日、キュウリの畝に合掌式支柱を立てる。5月19日、親蔓が防虫ネットトンネルの天井に届いたので防虫ネットトンネルを撤去し、合掌式支柱に園芸ネットを張る。

SSCN2097[1].JPG

SSCN2099[1].JPG

SSCN2101[1].JPG
(キュウリの蔓が伸び始めたのでネットを張る)

 防虫ネットを撤去し割竹支柱を回収する。合掌式支柱に2枚の園芸ネットを繋いで張り巡らし、ネットがピンと張れるようにを十数か所をポリ紐で結わえる。

 園芸ネットがピンと張れた。キュウリの生育は順調である。親蔓がトンネルの園芸ネットに届いたら誘引を始める。

posted by 菜園おじさん at 05:40| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サツマイモ:畝づくり(2)


 安納イモとベニアズマ、ベニハルカの3種類を栽培する。2015年11月7日、踏込み温床をつくる。2016年3月1日、踏込温床の発酵を始める。

 3月5日、踏込温床に用土を敷く。3月9日、種イモ7本を温床に伏せ込む。3月28日、発芽が始まる。4月22日、苗床のビニール捲り天日に当てる。

 4月23日、土づくりをする。5月1日、気温上昇で温床のビニールを寒冷紗に切り替える。5月8日、平畝に黒マルチを張る。

 5月17日、1回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。5月19日、安納イモイモを植え付ける畝をつくり黒マルチを張る。


10.畝づくり(2)(5月19日)

 5月19日、安納イモイモを植え付ける畝をつくり黒マルチを張る。玉ネギとサツマイモの跡地(幅1.8m×長さ2m)に元肥を散布しシャベルで深く耕す。

SSCN2115[1].JPG

SSCN2117[1].JPG
(元肥を施し畝をつくり、黒マルチを張る)

 元肥として1m2当たり苦土石灰100g、米糠200gを施す。散布後鍬で元肥を鋤き込み、レーキで土の塊を打ち砕き平らにならす。

 昨年使用した玉ネギの穴開きマルチを張る。幅80cm×長さ2mの平畝が2条出来上がる。5月24日頃に安納イモの苗を植えつける予定。

posted by 菜園おじさん at 05:36| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長ネギ:植え溝をつくる


 今年も長ネギ(1本ネギ:自家製種)の栽培を続ける。2017年2月1日、苗床予定地(白菜の跡地)の天地返しをする。2月12日、苗床をつくる。

 2月19日、苗床に自家製種を播種する。3月3日、長ネギの発芽が始まる。3月7日、畝が乾いているので潅水する。3月14日、2回目の潅水をする。

 4月2日、苗床の除草と土寄せを行い、追肥を施す。4月6日、苗床のビニールを撤去する。4月21日、苗床の寒冷紗トンネルを撤去する。4月23日、畝をつくる。

 5月19日、植え溝を3条つくる。


10.植え溝をつくる(5月19日)

 5月19日、長ネギを植え付ける深溝を3条つくる。紐尺を張り鍬で条間60cm×幅13cm×深さ約15cm×長さ6mの溝を掘る。

SSCN2121[1].JPG
(長ネギの苗を植えつける溝をつくる)

 掘り上げた土は条間に盛る。久し振りの重労働、腰を痛めないようにゆっくり鍬を使う。

posted by 菜園おじさん at 05:32| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

大玉挿し目トマト:水差し脇芽の鉢上げ


 2017年5月7日、トマトハウスで栽培している、桃太郎ファイト(接ぎ木苗)5株の脇芽を欠き挿し芽にする。5月18日、水差し脇芽が発根したので鉢上げする。


2.水差し脇芽の鉢上げ(5月18日)

 5月7日、桃太郎ファイト5株を欠いた脇芽を挿し芽にする。直径約10cmのガラス瓶と直径6cmのポリポット8個に挿す。

SSCN2122[1].JPG

SSCN2068[1].JPG

SSCN2070[1].JPG
(水に挿した苗が発根したので鉢上げする)

 5月18日、水差し脇芽が発根したので鉢上げする。ポリポット5個の底に落花生の残渣を敷き、落葉堆肥、籾殻、畑の土を混和した培養土を充填したっぷり潅水しておく。

 ガラス瓶から発根した脇芽5株を取り出しポットに植えつける。約2週間日陰に置き活着させる。活着したら畝に植えつける予定(6月上旬の見込み)。

posted by 菜園おじさん at 06:11| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする