2017年05月24日

サトイモ:種イモの植付け(2)


 毎年2種類のサトイモ(土垂れ、一つ頭)を栽培している。2017年3月23日、サトイモ畑(移植菜花の跡地)の天地返しを行なう。

 3月31日、親イモの芽出しを始める。4月19日、サトイモの畝づくりをする。4月30日、サトイモを植えつける3条の深溝をつくる。

 5月2日、1回目の種イモを植え付ける。5月3日、株間に元肥を施す。5月16日、のらぼう菜の跡地をシャベルで耕し2回目の平畝をつくる。

 5月22日、2回目の種イモを植え付ける。


8.種イモの植付け(2)(5月22日)

 5月22日、幅23cm×長さ3m×深さ20〜25cmの植え溝を3条つくり、2回目の種イモを植え付ける。

SSCN2150[1].JPG

SSCN2152[1].JPG

SSCN2154[1].JPG

SSCN2156[1].JPG

SSCN2158[1].JPG
(出芽した種イモを深溝に植え付ける)

 先ずサトイモの貯蔵室で芽出しをしている種イモ(親イモ)を取出す。親イモ16個を掘り出す。さらに空き地で芽だしをしていた逆さ植えの種8個を掘り出す。

 株間40cmとして種イモを置き、イモが隠れる程度まで掘り上げた土を覆土する。空き地で1株当たりグリーン堆肥約200g、落葉堆肥約200g、油粕20g、米糠20g、発酵鶏糞20gを混和する。

 元肥を株間に施し覆土はしない。堆肥は保水剤の役割を果たす。

posted by 菜園おじさん at 05:40| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋播きニンジン:撤収


 2016年9月25日、畝をつくる。9月30日、秋播きニンジンを播種する。10月10日、発芽が始まる。12月9日、1回目の間引きを行ないPOトンネル栽培を始める。

 2017年3月20日、POトンネル栽培を止める。5月4日、収穫を始める。5月22日、全ての秋播きニンジンを収穫する。


7.撤収(5月22日)

 5月4日、収穫時期を過ぎた秋播きニンジンの収穫を始める。5月22日、全ての秋播きニンジンを収穫する。60%が裂根ニンジンを手で引き抜く。

SSCN2089[1].JPG
(とう立ちが始まったニンジンを全て収穫する)

 収穫したニンジンは自宅の裏の空き地に埋め貯蔵する。菜園おじさんはニンジンのキンピラ(味噌味)が好物、たくさんのニンジンを摂っている。

posted by 菜園おじさん at 05:35| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

トウモロコシ(1):雄花出穂・2回目の追肥


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月10日、発芽が始まる。

 3月11日、2回目の種(浸水処理)10粒を温床に播種する。3月19日、仮畝に元肥を施し、畝をつくる。3月25日、平畝に植溝(深溝)をつくる。

 3月29日、1回目の苗10株を植え付ける。4月7日、2回目の苗6株を植え付ける。4月24日、POトンネルを撤去し露地栽培にする。1回目の追肥を施す。

 5月9日、防虫ハウスをつくる。5月21日、雄穂の出穂が始まったので2回目の追肥を施す。


14.雄花出穂・2回目の追肥(5月21日)

 5月21日、防虫ハウス内で栽培中のトウモロコシの雄穂の出穂が始まる。防虫ハウスに入り2回目の追肥を施す。

SSCN2138[1].JPG

SSCN2140[1].JPG

SSCN2142[1].JPG
(雄花が出穂したので2回目の追肥を施す)

 溝に植え付け株間に油粕液体肥料4リットル(3倍希釈液、窒素分12g)を16株に与える。出穂から着果迄のトウモロコシは、最も水を必要とする時期、

 株周りに出来るだけ多くの水を与える。5月下旬には雄花が開花するとみている。出穂するとアワノメイガが夜間に侵入するので、防虫ネットをきちんと張る。

posted by 菜園おじさん at 05:26| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パセリ:除草・中耕・追肥


 3月4日、ルッコラと二十日ダイコンの跡地をシャベルで耕し元肥を施す。3月8日、浸水処理した種(パラマウント)を播種する。3月27日、発芽が始まる。

 4月17日、プチプチのトンネルを撤去し露地栽培にする。5月21日、畝の除草・中耕・追肥をする。


5.除草・中耕・追肥(5月21日)

 3月8日に再播種したパセリが早いものは本葉5〜6枚に生長する。5月21日、畝に生えている雑草を抜き取る。鎌で雑草を抜き取り、移植ごてで中耕する。

SSCN2146[1].JPG

SSCN2144[1].JPG

SSCN2148[1].JPG
(春播きパセリの除草・中耕・追肥を行なう)

 中耕後、油粕液体肥料1リットルを4リットルに希釈し、ジョウロで畝間に施す。6月上旬には泥はね防止に敷き藁を敷く予定。

posted by 菜園おじさん at 05:20| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする