2017年06月30日

オクラ:間引き・中耕・土寄せ


 毎年自家製種(円形と角型)でオクラを栽培している。5月12日、土づくりをする。5月17日、直播きする。5月27日、発芽する。

 6月27日、寒冷紗トンネルとネキリムシ対策のプチプチ城壁を撤去する。除草・間引き・中耕・土寄せをする。


4.間引き・中耕・土寄せ(6月27日)

 5月17日、幅90cm×長さ4mの平畝に自家採取オクラを直播きする。5月27日、順調に発芽する。幼苗期は寒冷紗トンネル栽培とする。

SSCN2982[1].JPG
(オクラの間引き・中耕・土寄せを行なう)

 6月8日、オクラの苗が本葉3枚に生長したので寒冷紗トンネルを撤収する。そしてネキリムシ対策のプチプチの囲い(城壁)を撤去する。

 畝に生えている雑草を鎌で抜き取る。混み入った苗を間引き、鍬で中耕し薄く株元に土を寄せる。

posted by 菜園おじさん at 08:01| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

金ゴマ:1回目の間引き

 
 昨年に続き金ゴマを栽培する。今年は黒マルチ栽培とする。5月28日、畝をつくり、黒マルチを張る。6月2日、黒マルチを張った平畝に金ゴマを播種する。

 6月8日、順調に発芽する。6月26日、1回目の間引きを行なう。


4.1回目の間引き(6月26日)

 6月2日、幅85cm×長さ3mの玉ネギ用黒マルチを張った平畝に金ゴマを播種する。玉ネギ用黒マルチの播き穴に条間35cm×株間15cmとし直播きする。

SSCN2922[1].JPG
(金ゴマの1回目の間引きを行なう)

 6月26日、本葉3〜4枚に生長したので1回目の間引きを行ない3本仕立てにする。防虫ネットトンネルを捲り、弱弱しい苗をハサミで切り取る。

 7月上旬には2回目の間引を行い1本仕立てにする。

posted by 菜園おじさん at 07:36| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サツマイモ:4回目の植付け


 安納イモとベニアズマ、ベニハルカの3種類を栽培する。2015年11月7日、踏込み温床をつくる。2016年3月1日、踏込温床の発酵を始める。

 3月5日、踏込温床に用土を敷く。3月9日、種イモ7本を温床に伏せ込む。3月28日、発芽が始まる。4月22日、苗床のビニール捲り天日に当てる。

 4月23日、土づくりをする。5月1日、気温上昇で温床のビニールを寒冷紗に切り替える。5月8日、平畝に黒マルチを張る。

 5月17日、1回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。5月19日、安納イモイモを植え付ける畝をつくり、黒マルチを張る。

 5月28日、2回目の植付け(安納イモ)をする。6月5日、3回目の植付けをする畝をつくり、黒マルチを張る。

 6月9日、4回目の植付けをする畝をつくり、黒マルチを張る。6月13日、3回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。

 6月23日、3回目に植付けた畝の寒冷紗トンネルを撤去する。6月26日、4回目の植付け(安納イモイモ、ベニハルカ)をする。


16.4回目の植付け(6月26日)

 6月26日、4回目の植付け(安納イモイモ、ベニハルカ)をする。踏込み苗床から自家製苗本28(安納イモイモ9本、ベニハルカ19本)を切り取る。

SSCN2891[1].JPG
(最後のサツマイモを植え付ける)

 黒マルチの植え穴(直径8cm)に株間30cmとして直径1cm程度の竹棒を斜めに差し込み、ジョウロで約500ccの水を穴に注入する。

 注入後竹棒で土と水をかき混ぜ田んぼの代掻きをした状態にする(ドロドロ状にする)。注入した穴に苗を斜めに差込み植え穴を土で埋め、手で鎮圧する。

 今後畝全体を寒冷紗トンネルで覆い乾燥を防ぎ着根を早める。今回が最後のサツマイモの植え付けとなる。

posted by 菜園おじさん at 07:33| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九重栗カボチャ:防虫ネットトンネル撤去


 毎年2種類のカボチャ(九重栗、宿儺)を栽培している。4月8日、種の芽出しを始める。4月16日、簡易温床に播種する。5月1日、再播種する。

 5月11日、畝をつくる。5月28日、本葉5〜6枚に生長したので自家製苗を植え付ける。6月20日、1回目の追肥を施す。

 6月26日、防虫ネットトンネルを撤去する。

 
10.防虫ネットトンネル撤去(6月26日)

 6月26日、九重栗カボチャ6株の蔓がどんどん伸びてきたので防虫ネットトンネルを撤去する。防虫ネットと割竹支柱を片付ける。

SSCN2905[1].JPG
(九重栗カボチャの防虫ネットを撤去し蔓を誘引する)

 ウリバエが飛来し食害しているが、九重栗カボチャ6株の草勢が強いのでこのまま露地栽培とする。今後親蔓と子蔓の3本仕立てにする。

 雄花が咲き始め蔓に1個の実が着果したら2回目の追肥を施す。

posted by 菜園おじさん at 07:29| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする