2017年04月22日

長ネギ:苗床の寒冷紗撤去


 今年も長ネギ(1本ネギ:自家製種)の栽培を続ける。2017年2月1日、苗床予定地(白菜の跡地)の天地返しをする。2月12日、苗床をつくる。

 2月19日、苗床に自家製種を播種する。3月3日、長ネギの発芽が始まる。3月7日、畝が乾いているので潅水する。3月14日、2回目の潅水をする。

 4月2日、苗床の除草と土寄せを行い、追肥を施す。4月6日、苗床のビニールを撤去する。4月21日、苗床の寒冷紗トンネルを撤去する。


8.苗床の寒冷紗撤去(4月21日)

 4月21日、気温も上昇し長ネギの草丈も20cmに生長したので苗床の寒冷紗を撤去する。重石を取り去り、寒冷紗と割り竹支柱を回収する。

SSCN1507[1].JPG

SSCN1510[1].JPG
(順調に生育している苗床の寒冷紗を撤去する)

 苗の草丈が30cm程度(鉛筆の太さ)となったら植え付けることにしている。植え付け時期は、5月中旬から下旬を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 07:08| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

長ネギ:撤収


 1月28日、長ネギの苗床予定地(白菜と大根の跡地)を天地返しする。2月12日、苗床をつくる。2月18日、種の浸水処理を始める。

 2月20日、苗床に自家製種を播種する。3月8日、発芽が始まる。3月31日、苗床の除草と土寄せ、追肥を施す。4月14日、苗床のビニールを撤収する。

 5月16日、白菜と大根の跡地を耕す。5月25日、1回目の植付けをする。6月1日、2回目の植付けをする。6月22日、1回目の追肥を施し薄く土を寄せる。

 7月6日、2回目の追肥を施し薄く土を寄せる。7月25日、3回目の追肥と土寄せをする。9月7日、4回目の土寄せをする。11月29日、収穫を始める。

 2017年3月2日、種採取用ネギを移植する。4月18日、とう立ちした長ネギを撤収する。


16.撤収(4月18日)

 4月上旬から長ネギのとう立ちが始まる。4月18日、最後に残ったとう立ちした長ネギ8〜10株をシャベルで掘り起こす。太いが硬いネギで食べることは出来ない。

SSCN1458[1].JPG

SSCN1462[1].JPG
(とう立ちしたネギを掘り起こし切り刻む)

 掘り起こした長ネギは鎌で切り刻み、グリーン堆肥原料とする。種採取用ネギ3株もとう立ちしネギ坊主が出来ている。6月上旬に種を採取する予定。

posted by 菜園おじさん at 07:03| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

エシャレット:収穫を始める


 8月3日、畝をつくる。8月13日、1回目の植え付けをする。9月21日、2回目の植付けをする。10月1日、8月13日に植え付けた球根の発芽が始まる。

 11月9日、1回目の追肥を施す。2017年1月28日、2回目の追肥を施す。4月8日、収穫を始める。


6.収穫を始める(4月8日)

 4月8日、昨年の8月13日に植え付けたエシャレットの収穫を始める。葉が20〜30cmに伸びたエシャレット1株をシャベルで掘り上げる。

DSCN1305[1].JPG

SSCN1304[1].JPG
(エシャレット1株を掘り起こす)

 1穴に2片の種球を植え付けたが、20片程度に増えている。根径も大きく食べ頃である。エシャレットはラッキョウを生食用に育てたもの。

 外皮を剥き取り洗うのが面倒であるが、酒の肴として味噌をつけて食べている。

posted by 菜園おじさん at 08:05| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする