2017年06月20日

菜園の草花:朝顔の播種


 2017年6月17日、夏の花壇に咲く花として「朝顔」を花壇に播種する。先ず花が終わったビオラを引き抜き撤収する。

SSCN2692[1].JPG

SSCN2698[1].JPG
(花壇に朝顔の種を播く)

 引き抜いたビオラはこぼれ種が来年発芽するように九重栗カボチャ畑の隅に敷く。敷き藁の代わりにする。落葉堆肥を施し移植ごてで花壇を耕し平らにする。

 約2昼夜水に浸した朝顔の種9個(発根している)を株間20cmとして深さ3cmの播き穴をつくり播種し覆土する。ジョウロでたっぷり潅水する。

 乾燥が続いているので花壇の寒冷紗をベタ掛けする。発芽したら花壇に支柱を立て蔓を誘引する(2017年6月17日作成)。

posted by 菜園おじさん at 06:20| Comment(0) | 菜園の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

菜園の草花:アスターの苗植え付け


 2017年3月4日、夏の花壇に咲く花として「アスター」をトマトハウスの中に播種する。3月12日、順調な発芽が始まる。

 5月11日、No.2花壇に本葉4〜5枚に生長した苗20株を植えつける。花壇に2条×株間約10cmの植え穴を掘り植えつける。ジョウロでたっぷり潅水する。

SSCN1879[1].JPG

SSCN1881[1].JPG
(畑の隅の花壇にアスターを植えつける)

 アスターは、エゾギクとも呼ばれるキク科の植物。アスターは暑さに少し弱く寒さに強い草花、日光を好むので、日照不足になると株が弱り、害虫の被害にあいやすくなる。

 そのため、日当たりのいい場所に植え付けることが重要。花言葉は感謝 ・ 怖い・ 恋愛。開花は7月頃、緑一色の菜園に赤や黄色の花弁で明るくして欲しいと願う(2017年5月11日作成)。

posted by 菜園おじさん at 06:55| Comment(0) | 菜園の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

菜園の草花:アスターの発芽


 2017年3月4日、夏の花壇に咲く花として「アスター」をトマトハウスの中に播種する。早く苗を定植できるようにトマトハウスの空き地に播種する。

SSCN0961[1].JPG
(発芽したアスター)

 マリーゴールドの横に幅2cm×深さ1cm×長さ40cmの3条の溝を作りすじ播きする。約1cm覆土し、鎮圧後ジョウロでたっぷり散水する。

 3月12日、順調な発芽が始まる。乾燥を防ぐためにベタ掛けしていた防虫ネットをトンネルとする。マリーゴールドは苗が枯れたので日焼けと寒さ除けにする。

 本葉4〜5枚に生長したら花壇に定植する(2017年3月12日作成)。

posted by 菜園おじさん at 07:27| Comment(0) | 菜園の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする