2017年04月08日

トウモロコシ(1):2回目の植付け


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月10日、発芽が始まる。

 3月11日、2回目の種(浸水処理)10粒を温床に播種する。3月19日、仮畝に元肥を施し、畝をつくる。3月25日、平畝に植溝(深溝)をつくる。

 3月29日、1回目の苗10株を植え付ける。4月7日、2回目の苗6株を植え付ける。


10.2回目の植付け(4月7日)

 4月7日、幅約20cm×深さ20cm×長さ3.5mの深溝にトウモロコシの苗6株を植え付ける。簡易温床で育苗している苗が本葉3〜4枚に成長した。

DSCN1287[1].JPG

DSCN1289[1].JPG

DSCN1291[1].JPG
(2回目の苗を植え付けPOトンネルで育苗する)

 畝を覆っているPOトンネルのフィルムを捲り、株間40cmとして深さ約5cmの植え穴に植えつける。株周りに油粕液肥100ccの3リットル希釈液を施す。

 畝が乾燥しているのでジョウロで6リットルの水を潅水する。植え付け時の気温19℃、深さ3cmの地温は30℃であった。

 草丈が30cm以上となるまでPOトンネル育苗を続ける。但し、昼間は高温となるので両裾を捲っておく。 

posted by 菜園おじさん at 08:20| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

トウモロコシ(1):1回目の植付け


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月10日、発芽が始まる。

 3月11日、2回目の種(浸水処理)10粒を温床に播種する。3月19日、仮畝に元肥を施し、畝をつくる。3月25日、平畝に植溝(深溝)をつくる。

 3月29日、1回目の苗10株を植え付ける。


9.1回目の植付け(3月29日)

 3月29日、幅約20cm×深さ20cm×長さ3.5mの深溝にトウモロコシの苗を植え付ける。簡易温床で育苗し本葉3〜4枚に成長した苗10株を植え付ける。

SSCN1182[1].JPG

SSCN1181[1].JPG

SSCN1184[1].JPG
(植え溝にトウモロコシの苗を植えつける)

 畝を覆っているPOトンネルのフィルムを捲り、株間40cmとして深さ約5cmの植え穴に植えつける。株周りに油粕液肥100ccの3リットル希釈液を施す。

 畝が乾燥しているのでジョウロで6リットルの水を潅水する。植え付け時の気温15℃、深さ3cmの地温は28℃であった。

 4月10日前後に2枚目の苗6株を植えつける。草丈が30cm以上となるまでPOトンネル育苗を続ける。 

posted by 菜園おじさん at 07:26| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

トウモロコシ(1):畝づくり(2)


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月10日、発芽が始まる。

 3月11日、2回目の種(浸水処理)10粒を温床に播種する。3月19日、仮畝に元肥を施し、畝をつくる。3月25日、平畝に植溝(深溝)をつくる。


8.畝づくり(2)(3月25日)

 3月25日、幅1m×長さ3.5mの平畝の中心に植溝(深溝)をつくる。苗の保温をするための深溝をつくり、深溝の中で苗を定植・育苗する。

SSCN1130[1].JPG

SSCN1132[1].JPG

SSCN1135[1].JPG
(畝の中心に植え溝をつくりPOトンネルで覆う)

 畝の中心に鍬で幅約20cm×深さ20cm×長さ3.5mの溝をつくり、土が崩れないように鍬で傾斜状の法面にする。

 植え溝に割り竹支柱を弓状に挿しこみPOフィルムを張りトンネルとする。3月29日に1回目の苗を植え付ける予定。

posted by 菜園おじさん at 15:28| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする