2017年06月21日

スティックブロッコリー:撤収


 春播きスティックブロッコリー(収穫時期5月〜6月)を栽培する。2017年1月19日、スティックブロッコリーを育苗する簡易温床の苗床をつくる。

 1月27日、苗床に播種する。2月5日、発芽が始まる。2月20日、仮畝に元肥を施す。2月24日、苗床の苗の間引きと土寄せを行なう。

 2月27日、畝に黒マルチを張る。3月6日、本葉3枚の幼苗をポットに移植する。3月9日、畝をPOトンネルで囲む。

 4月25日、POフィルムを防虫ネットに切り替える。5月10日、収穫を始める。5月20日頃から脇芽の収穫を始める。6月4日、作付面積の半分を撤収する。

 6月19日、収穫を終え撤収する。

 
12.撤収(6月19日)

 5月10日からスティックブロッコリーの主枝の収穫を始める。5月20日頃から脇芽を収穫する。6月19日、小さな蕾しか生らなくなったので撤収する。

SSCN2704[1].JPG
(撤収したスティックブロッコリー)

 手で全ての株を抜き取る。根は正常でネコブセンチュウにおかされてはいない。鎌で蕾や茎葉を切り取りグリーン堆肥原料とする。

 太い茎は、腐りにくいので空き地で乾燥させ後日焼却処理する。初めて苗の育苗から始めたスティックブロッコリー、満足のいく栽培結果となる。

 特記事項として
 @トマトハウスの温室で育苗(1月末に播種)は上手く行った。
 ➁約1カ月間収穫したが、蕾や茎が硬くなることは無かった。
 B家庭菜園では重宝する野菜である。
が挙げられる。

 家族二人の生活。通常のブロッコリーよりもスティックブロッコリーの方が、小回りが利いて料理がし易い。

posted by 菜園おじさん at 05:16| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

スティックブロッコリー:半分を撤収する


 春播きスティックブロッコリー(収穫時期5月〜6月)を栽培する。2017年1月19日、スティックブロッコリーを育苗する簡易温床の苗床をつくる。

 1月27日、苗床に播種する。2月5日、発芽が始まる。2月20日、仮畝に元肥を施す。2月24日、苗床の苗の間引きと土寄せを行なう。

 2月27日、畝に黒マルチを張る。3月6日、本葉3枚の幼苗をポットに移植する。3月9日、畝をPOトンネルで囲む。

 4月25日、POフィルムを防虫ネットに切り替える。5月10日、収穫を始める。5月20日頃から脇芽の収穫を始める。6月4日、作付面積の半分を撤収する。

 
11.半分を撤収する(6月4日)

 5月10日から防虫ネットトンネル栽培のスティックブロッコリーの収穫を始める。5月20日頃から脇芽の収穫を始める。

SSCN2411[1].JPG

SSCN2409[1].JPG

SSCN2413[1].JPG
(半分を撤収し大玉スイカの麦藁を敷く)

 6月4日、隣の大玉スイカの蔓の行き場所がなくなったので、急遽スティックブロッコリーの半分を撤収し蔓を這わせることとした。

 スティックブロッコリーの株を手で抜き取る。鎌で蕾や茎葉を切り取りグリーン堆肥原料とする。太い茎は、腐りにくいので空き地で乾燥させ後日焼却処理する。

 根は丈夫でネコブ病には罹っていない。撤収した跡地をシャベルで耕しレーキで平らにする。麦藁を敷き、大玉スイカの蔓を誘引する。

posted by 菜園おじさん at 06:27| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

秋播きブロッコリー:撤収


 秋播きブロッコリー(収穫時期4月〜6月)を栽培する。10月10日、夏播きキャベツを育てた苗床に緑嶺を播種する。10月19日、発芽が始まる。

 11月18日、追肥を施し苗床をビニールフィルムで覆う。12月9日、畝をつくる。12月13日、育苗床の苗8株を植え付ける。

 2017年1月11日、1回目の追肥を施す。2月12日、2回目の追肥を施す。3月22日、POフィルムから寒冷紗へ切り替える。

 4月12日、秋播きブロッコリー(緑嶺)の収穫を始める。5月25日、最後のブロッコリーを収穫し撤収する。

 
10.撤収(5月25日)

 5月25日、脇芽ブロッコリーも終わりに近づき茎も細く蕾も小さくなってきたので、秋播きブロッコリーを撤収する。
 
SSCN2166[1].JPG

SSCN2168[1].JPG
(花が咲き始めた秋播きブロッコリーを撤収する)

 手でブロッコリーの茎を掴み抜き取る。抜きっとった根の土を落とし観察する。根は正常でネコブセンチュウに侵されてはいない。

 花の咲いた蕾や茎葉は鎌で切り落としグリーン堆肥原料とする。太い茎は、腐り難いので空き地で乾燥させ後日焼却処理する。後作にはモイチゴ苗を育苗する予定。



posted by 菜園おじさん at 05:41| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする