2017年06月17日

蔓ありインゲン(1):着莢が始まる


 4月3日、サトイモの跡地に畝をつくり、黒マルチを張る。4月7日、蔓ありインゲンを播種する。4月19日、発芽が始まる。畝を防虫ネットトンネルで覆う。

 5月14日、蔓が伸び始めたので合掌式支柱を立てる。6月4日、追肥を施す。6月15日、蔓ありインゲンの着莢が始まる。


6.着莢が始まる(6月15日)

 順調に生育していた蔓ありインゲン、5月下旬からの干ばつで蔓の伸びがとまる。追肥を施したが枯れてしまった蔓もある。

SSCN2673[1].JPG

SSCN2671[1].JPG
(干ばつで元気の無いインゲンが着莢する)

 6月15日、蔓ありインゲンの着莢が始まる。順調に生育している2株が開花し着莢が始まった。6月20日過ぎには収穫が始まると考えている。

posted by 菜園おじさん at 07:59| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スナップエンドウ:種莢の採種・乾燥


 10月31日、宿儺カボチャの跡地に石灰を施しシャベルで深く耕す。11月3日、元肥を施し、畝をつくる。11月17日、自家製種を直播きする。

 11月22日、発芽が始まる前に畝を寒冷紗トンネルで囲む。12月3日、スナップエンドウの発芽が始まる。2017年2月6日、畝の除草をする。

 2月15日、畝にグリーン堆肥を敷き詰める。3月19日、トンネルを撤収し中耕・追肥・土寄せを行う。3月29日、畝に真竹支柱を立てる。

 4月26日、開花が始まったので2回目の追肥を施す。5月9日、収穫を始める。5月27日、蔓葉が白くなり始め収穫も終わりを迎える。6月1日、収穫を終える。

 6月7日、実エンドウの収穫を終える。6月15日、種莢を採取し天日乾燥を始める。


13.種莢の採種・乾燥(6月15日)

 スナップエンドウの茎葉が枯れる。6月15日、枯れた茎はについている実エンドウの中から種莢を採取する。種莢の採取条件として
 @大きな実がたくさん入った莢。
 ➁膨らんで黄色く変色した莢。
 B虫食いの無い莢。
としている。

SSCN2665[1].JPG

SSCN2663[1].JPG
(枯れたスナップエンドウから種莢を採る)

 実がたくさん入り枯れた莢を約50個採取する。自宅の庭先で莢がカラカラになるまで天日乾燥する。そして莢を剥き、実を再度乾燥させ常温保管する。

posted by 菜園おじさん at 07:55| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落花生:害鳥対策


 毎年落花生と小麦の輪作を続けている。5月9日、元肥を施し、畝づくりをする。5月17日、平畝に播種する(点播き)。6月1日、落花生の発芽が始まる。

 6月5日、欠株の補植を行う。6月14日、害鳥対策として畑にテグスを張る。


5.害鳥対策(6月14日)
 
 6月14日、落花生の生長している苗が何者かによって毎日数本抜かれている。根の長さ10cmもある苗を引き抜いている。

SSCN2647[1].JPG

SSCN2649[1].JPG

SSCN2651[1].JPG
(落花生畑にテグスを張り巡らす)

 鳥(カラス、雉、ヒヨドリ、鳩)の仕業と考え落花生畑にテグスを張り巡らす。これまで13年間落花生を栽培しているが、苗を抜き取られるのは初めてである。

posted by 菜園おじさん at 07:50| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする