2017年04月04日

蔓ありインゲン(1):畝づくり


 4月3日、サトイモの跡地に畝をつくり、黒マルチを張る。


1.畝づくり(4月3日)

 4月3日、サトイモの跡地(幅90cm×長さ2m)に元肥を施し3本鍬で鋤き込み平畝をつくる。畝に黒マルチを張る。

SSCN1164[1].JPG

SSCN1246[1].JPG
(元肥を施し畝をつくり、黒マルチを張る)

 1m2当たり苦土石灰50g、グリーン堆肥1kg、落葉堆肥1kg、油粕100g、発酵鶏糞100g、草木灰100gを空き地で混和する。

 散布した元肥を3本鍬で鋤き込み、レーキで平らに均す。そして幅80cm×長さ2mの平畝をつくる。保温と泥はねを防止するために畝に黒マルチを張る。

 4月10日前後に直播きする予定。

posted by 菜園おじさん at 07:28| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝豆:播種(3)


 サトイモの跡地(幅80cm×長さ6m)に枝豆を栽培する。2017年1月6日、栽培予定地を天地返しする。1月17日、消し炭や落花生の殻などをばらまく。

 3月7日、仮畝に元肥を施す。3月10日、畝をつくり、黒マルチを張る。3月12日、畝をPOトンネルで囲む。3月17日、1回目の播種をする。

 3月31日、1回目に播種した枝豆の発芽が始まる。4月1日、2回目の播種(早生、おつな姫)を行なう。4月3日、3月17日に播種した穴に再播種する。

 POフィルムから換気フィルムトンネルに切り替える。


8.播種(3)(4月3日)

 4月3日、3月17日に播種した枝豆の大半が発芽しない。播き穴を掘ってみると豆が腐っている。POフィルムトンネル育苗で高温になり過ぎたようである。

SSCN1195[1].JPG
(発芽しない播き穴に再播種する)

 3月17日に播種した穴に再播種する。POトンネルを撤収し、昨年と同じ換気フィルムトンネルに切り替える。4月下旬まで換気フィルムのトンネル内で育苗する。

タグ:枝豆 再播種
posted by 菜園おじさん at 07:13| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

枝豆:播種(2)


 サトイモの跡地(幅80cm×長さ6m)に枝豆を栽培する。2017年1月6日、栽培予定地を天地返しする。1月17日、消し炭や落花生の殻などをばらまく。

 3月7日、仮畝に元肥を施す。3月10日、畝をつくり、黒マルチを張る。3月12日、畝をPOトンネルで囲む。3月17日、1回目の播種をする。

 3月31日、1回目に播種した枝豆の発芽が始まる。4月1日、2回目の播種(早生、おつな姫)を行なう。


7.播種(2)(4月1日)

 4月1日、2回目の播種(早生、おつな姫)を行なう。POトンネルを捲り、穴開き黒マルチに条間30cm×株間30cmとして直播きする(16カ所)。

SSCN1193[1].JPG

SSCN1195[1].JPG
(2回目の枝豆を播種する)

 枝豆の種を指で深さ3cmまで押し込み覆土する。1つの穴に2粒播く。播種時の気温10℃(朝9時半)、深さ3cmの地温は17℃であった。

 4月中旬までPOフィルムのトンネル内で育苗する。

タグ:播種 枝豆
posted by 菜園おじさん at 07:33| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする