2017年06月28日

落花生:半立ち苗の園芸ネット撤去


 毎年落花生と小麦の輪作を続けている。5月9日、元肥を施し、畝づくりをする。5月17日、平畝に播種する(点播き)。6月1日、落花生の発芽が始まる。

 6月5日、欠株の補植を行う。6月16日、半立ち苗8株を植えつける。6月25日、半立ちの苗の園芸ネットを撤去する。


7.半立ち苗の園芸ネット撤去(6月25日) 

 6月16日、半立ち苗8株(市販品)を植えつける。雉の害鳥防止対策として園芸ネットのトンネルで畝を囲む。

SSCN2885[1].JPG
(鳥の食害防止の園芸ネットを撤去する)

 6月25日、雉などが着根した苗を引き抜くことは無いと考え、半立ちの苗の畝を覆っていた園芸ネットを撤去する。生育は順調である。

posted by 菜園おじさん at 07:03| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

蔓ありインゲン(1):収穫を始める


 4月3日、サトイモの跡地に畝をつくり、黒マルチを張る。4月7日、蔓ありインゲンを播種する。4月19日、発芽が始まる。畝を防虫ネットトンネルで覆う。

 5月14日、蔓が伸び始めたので合掌式支柱を立てる。6月4日、追肥を施す。6月15日、蔓ありインゲンの着莢が始まる。6月22日、莢の収穫を始める。


7.収穫を始める(6月22日)

 6月22日、着莢した莢が長さ約15cmに生長したので莢の収穫を始める。株元周りに付いた莢をハサミで切り取る。莢5個を収穫する。

SSCN2792[1].JPG
(蔓ありインゲンの莢の収穫を始める)

 インゲンにはカルシウムや鉄、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれ、ビタミンB1や食物繊維の含有量も多い。莢インゲンはゴマ和えやサラダ、炒め物、味噌汁の具などに用いる。

posted by 菜園おじさん at 05:44| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

蔓なしインゲン(1):発芽


 6月4日、栽培予定地(秋播きニンジンの跡地)をシャベルで耕す。6月11日、元肥を施し畝をつくる。6月15日、蔓なしインゲン(さつきみどり2号)を播種する。

 6月20日、順調に発芽する。


3.発芽(6月20日)

 6月15日、蔓なしインゲン(さつきみどり2号)を幅80cm×長さ2mの黒マルチを張った平畝に播種する。発芽するまでは乾燥を防止するため寒冷紗をベタ掛けする。

SSCN2744[1].JPG
(順調に発芽した蔓なしインゲン)

 6月20日、順調に発芽する。鳩やラスの食害対策として畝を防虫ネットのトンネルで覆う。蔓がネットに届くまでは、防虫ネットのトンネル栽培とする。

posted by 菜園おじさん at 05:33| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする