2017年04月21日

ショウガ:種ショウガの植付け

 
 昨年から大ショウガ(中身、大身)を栽培する。4月16日、元肥を施し、畝をつくる。4月20日、種ショウガ(大身ショウガ)を植え付ける。


2.種ショウガの植付け(4月20日)

 4月16日、ピーマンとサトイモの跡地をシャベルで深く耕し、元肥を施し畝(幅80cm×長さ5m)をつくる。

SSCN1484[1].JPG

SSCN1490[1].JPG

SSCN1486[1].JPG

SSCN1488[1].JPG

SSCN1492[1].JPG
(トロ箱に貯蔵していた種ショウガを植え付ける)

 4月20日、自宅で貯蔵していた種ショウガの種(大身ショウガ)を植え付ける。先ず畝の中央に深さ8〜10cm×長さ5mの溝を鍬でつくる。

 株間約20cmで種ショウガの芽を上にして置き25株を植え付ける。発芽を早めるためにできるだけ浅植えとし、鍬で種が隠れる程度に覆土し軽く鎮圧する。

 乾燥防止と土壌温度を20℃前後に維持するため畝に寒冷紗をベタ掛けする。発芽開始は6月上旬を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 07:36| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬野菜:ミニニンジンの収穫を終える


 冬野菜の残り種のビニールトンネル栽培を行なう。11月30日、ショウガの跡地(幅1m×長さ3m)をシャベルで耕す。苦土石灰を散布し鍬で鋤き込む。

 12月2日、元肥を施し、畝をつくる。12月4日、畝にポリマルチを張る。12月7日、畝全体を農ポリトンネルで囲む。12月21日、残り種5種類を播種する。

 12月28日、残り種5種類の内4種類の発芽が始まる。2017年1月5日、ミニニンジンが発芽する。1月10日、POトンネルに寒冷紗を掛けたが苗が焼ける。

 3月24日、POトンネルから露地栽培にする。4月8日、ミックスレタスの収穫を終える。4月20日、ミニニンジンの収穫を終える。


11.ミニニンジンの収穫を終える(4月20日)

 3月24日から露地栽培となった冬野菜、ミニニンジンが畝に残っている。4月20日、最後のミニニンジンの収穫をする。

 根の長さ5〜10cmのサラダ用ミニニンジン、天ぷらやピクルス、サラダにしている。生で食べると甘いニンジンである。

posted by 菜園おじさん at 07:22| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ショウガ:畝づくり

 
 昨年から大ショウガ(中身、大身)を栽培する。4月16日、元肥を施し、畝をつくる。


1.畝づくり(4月16日)

 4月16日、ピーマンとサトイモの跡地(幅80cm×長さ5m)をシャベルで深く耕し、元肥を施し畝をつくる。

SSCN1452[1].JPG

SSCN1454[1].JPG

SSCN1456[1].JPG
(元肥を空き地で混和し鋤き込み畝をつくる)

 1m2当たり苦土石灰100g、落葉堆肥2kg、グリーン堆肥2kg、EMボカシ100g、発酵鶏糞200g、草木灰100gを空き地で混和する。

 元肥を畝に散布し3本鍬で鋤き込む。レーキで平らに均し、幅80cm×長さ5mの平畝が出来上がる。

 自宅で貯蔵中の種ショウガ(自家採取)の芽が出始めたら、植え付けることにしている(4月下旬の予定)。

posted by 菜園おじさん at 07:22| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする