2017年04月22日

イチゴ:防鳥ネットを張る


 9月26日、イチゴ畑の土づくりをする。10月2日、畝をつくる。10月4日、1回目のイチゴ苗を採苗する。10月10日、2条の畝に苗を植えつける。

 12月15日、畝の除草をする。2017年1月4日、潅水を行う。1月28日、枯れ葉の除去と潅水を行う。2月1日、追肥を施す。2月13日、畝に黒マルチを張る。

 4月4日、開花が始まる。4月21日、畝に防鳥ネットを張る。


11.防鳥ネットを張る(4月21日)

 3月末に1番花が開花し、4月に入ると多くの花が咲き青い実がつき始める。イチゴは開花後、約40日で収穫期を迎える(4月下旬から実が赤くなる)。

SSCN1526[1].JPG

SSCN1528[1].JPG

SSCN1524[1].JPG
(実が熟しそうなイチゴ畝に園芸ネットを張る)

 4月21日、畝に防鳥ネットを張る。畝に割竹支柱を挿し、アーチ状の骨組みをつくりキュウリなどに用いる園芸ネットを張る。

 園芸ネットを張ることでヒヨドリなどの鳥害を防いでいる。

posted by 菜園おじさん at 07:18| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ゴーヤ:簡易温床に播種


 毎年自家製種5〜6株育苗し藤棚式栽培を行っている。4月9日、自家製種の芽出しを始める。4月17日、簡易温床に直播する。


2.播種(4月17日)

 4月17日、芽出し処理した種(10粒)を簡易温床に播種する。5日間浸水処理した処、7粒が発根している。

SSCN1408[1].JPG

SSCN1414[1].JPG
(水に浸した種を簡易温床に直播する)

 簡易温床に株間10cm×深さ3cmの播き穴を10個つくり、種を落とす。覆土後、ジョウロでたっぷり散水しPOトンネルで覆う。

 播種後。10日程度で発芽するとみている。

posted by 菜園おじさん at 07:08| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

宿儺カボチャ:簡易温床に播種


 毎年2種類のカボチャ(九重栗、宿儺)を栽培している。4月8日、種の芽出しを始める。4月15日、土づくりを行なう。4月16日、簡易温床に10粒播種する。


3.簡易温床に播種(4月16日)

 4月8日、宿儺カボチャの種10粒(自家製種)の種皮に爪切りで傷を付ける。種の尖った部分に付けると発芽しなくなるので横につける。

SSCN1406[1].JPG

SSCN1412[1].JPG

SSCN1416[1].JPG
(簡易温床に直播した宿儺カボチャ)

 種を納豆トレイ容器に入れ、種を濡れた布に包み温水に浸ける。15℃〜25℃(カボチャの最適発芽温度は25〜30℃)のトマトハウスで芽出しを行う。

 4月16日、種を育苗床に10粒播種する(未発根)。株間10cmとして深さ3cmの穴をつくり、種を落とし覆土する。

 播種時の地温は25℃、1週間前後で発芽するとみている。

posted by 菜園おじさん at 07:27| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする