2016年01月24日

道作古墳:駅からハイキング

 1月23日、JR主催の「駅からハイキング」が開催される。暖かい天気が続いてきたが、曇りで気温も5〜6℃と厳しい寒波に襲われる。雪の中のハイキングとならなかったのは、ラッキーと言うしかない。

          IMG_0003_13.jpg
              (古墳の近くを散策するハイカー)

 小林駅を出発し西福寺〜巴塚〜鳥見神社〜道作古墳〜平岡自然の家〜宝泉院〜地蔵寺〜竹袋稲荷神社〜木下万葉公園〜上町観音堂〜吉岡まちかど博物館〜きおろし水辺の広場〜木下駅までのコース、かなりの距離である。

          IMG_0003_5.jpg
                (古墳の入口に立つ石碑)


 10時45分から道作古墳の案内板の横に立ち、道作古墳歴史広場の面積や成り立ち、墳墓数、仮設トイレなどの案内をする。小林ウオーキングと異なり印西市以外の人が多い、岩手県から参加した女性もいたのでびっくりする。

          IMG_0002_14.jpg
              (広場内を散策するハイーカー)


 案内板をちらっと見て先を急ぐ人もいるが、説明に耳を傾ける人も多かった。道作古墳の石碑をカメラにおさめる、あるいは東屋で休憩や食事をする人もかなりいた。また寒く、スタート地点からトイレがないので仮設トイレを利用する人も多かった。やはりこのようなイベントには、トイレの設置は必要である。

 駅からハイキング参加者のマナーは素晴らしく、ロープ杭内に進入する人やゴミを散らかす人は皆無であった。ほとんどの人が1号墳の大きさに驚くが、それで終わってしまい消化不良のように見える。出土品の展示があればお客様はより満足すると思うが(平成28年1月23日作成)

 大寒波 説明より先に 用をたす

posted by 菜園おじさん at 08:46| Comment(0) | 道作古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

道作古墳:墳墓の草刈り

 8月16日、朝8時から道作古墳群歴史広場の墳墓の草刈りを行う。5月に行っているので今回が2回目の墳墓の草刈りとなる。

          IMG_0001_16.jpg
                 (草を刈る前の墳墓)



 最高気温が33℃に上昇するとの天気予報、熱中症予防に飲料水(ポカリスエット。緑茶、オロナミンドリンクなど)とお菓子を昨日用意する。

 墳墓は崩れやすい。ゆっくり登り、刈払機のエンジンを低速にし長めに草を刈りとる。約45分ごとに休憩をとりお茶やお菓子で体力の消耗を防ぐ。

          IMG_0002_13.jpg
              (曇り空の中、刈払機で草を刈る)


 飲料水は保冷バック、天然水やお茶はトロ箱に入れて運んだ。しかし天気予報が外れ、曇り空のもとでの草刈りとなる。でも30分で汗ダクダクとなる。

 皆が道路の縁石に腰かけ水分補給する。3時間で予定の作業を完了する。しかし、道具類を軽トラに積み込む時から大粒の雨が降り始める。

 豪雨の中、倉庫に機材を運び入れる。汗と雨で衣類はびしょ濡れ、人通りのない道を走って帰りシャワーを浴びる。雨は上がり暑さが戻っている。

 最近の天気予報は当てにならない、それほど天気が急速に変わると言うことなのでしょうか(平成27年8月16日作成)。

posted by 菜園おじさん at 07:49| Comment(0) | 道作古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

道作古墳:歴史広場の草刈り

 7月18日、朝8時から道作古墳群歴史広場の草刈りを行う。4月、5月、6月に行っているので今回が4回目の草刈りとなる。

          IMG_0014_1.jpg
             (工事中の歴史広場駐車場)

 台風11号の影響で雨天の可能性もあったが、曇り空となってくれた。事務局を任されている菜園おじさん、「ついている」と言うしかない。

          IMG_0010_3.jpg
               (完成した機材倉庫)

 刈払機のエンジンを一斉にスタートし、5〜10cmに伸びた雑草を刈り取る。4月と5月、6月の草刈りは枯枝が広場に散乱し、枯枝を拾ってから草刈りを行った。

 7月は枯枝が少ないのでそのまま刈払機で草を刈る。刈り取った草はブロワーや熊手でかき集め、ガラ袋に詰め込む。

          IMG_0008_2.jpg
              (屋根を修復中の東屋)

 60分ごとに休憩をとりお茶やお菓子、ヨーグルトなどで体力の消耗を防ぐ。60〜70代の刈り人にとって、脱水症状を起こさないよう水分補給は必須である。

 昨夕、マツエツで購入し冷蔵庫で冷やしておいた飲物類、気温30℃の草刈り作業では晩酌のビールよりも美味い。

 3時間の作業で全員衣服はビショビショ、大汗をかいて元気老人の体力を維持したいものである(平成27年7月18日作成)。

posted by 菜園おじさん at 16:00| Comment(0) | 道作古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする