2017年04月01日

農作業予定:2017年4月

 
 印西市小林の桜も蕾が大きくなっている。気温も徐々に上昇し春本番となる。4月は天地返しをしておいた畑を耕し、夏野菜の畝づくりの月である。

 夏野菜のナス、キュウリ、ピーマン、スイカ、唐辛子、ヤマイモ、コンニャク、サトイモ、サツマイモなどの畝づくりを行う。

 また蔓ありインゲン、カボチャ、ゴーヤ、モロヘイヤの播種を行なう。ヤマイモ、サトイモ、コンニャクイモは4月に植え付けを行う。


1.土づくり・畝づくり
 夏野菜のナス、キュウリ、ピーマン、スイカ、唐辛子、ショウガ、ヤマイモ、コンニャク、サトイモ、サツマイモなどの畝づくりをする。

 @ナス、キュウリ、ピーマン、スイカ、唐辛子、蔓ありインゲン、ショウガ畝づくり・黒マルチング(上旬〜中旬)
 ➁ヤマイモ、コンニャク、サツマイモ、サトイモの畝づくり(上旬〜中旬)

2.播種・植え付け
 カボチャ、ゴーヤ、モロヘイヤ、マリーゴールドの播種とヤマイモ、サトイモ、コンニャクイモの植え付けを行う。

(1)播種
 @枝豆2回目、マリーゴールド(上旬:花壇)
 ➁ボチャ、ゴーヤ、モロヘイヤ(上旬〜中旬:簡易育苗床)
 C蔓ありインゲン(中旬:露地)

(2)植付け
 @トウモロコシ2回目、ショウガ(上旬〜中旬:POトンネル)
 ➁ヤマイモ、サトイモ、コンニャクイモ、ミニトマト、ハヤトウリ(中旬:露地)

3.その他の作業
 ジャガイモの芽欠き、そら豆の2回目の追肥・土寄せ・倒伏せ防止、スナップエンドウの2回目の追肥・土寄せなどを行う。
 @ジャガイモの芽欠き、イチゴの防鳥ネットトンネル(上旬)
 ➁スティックブロッコリーの1回目の追肥(上旬〜中旬)
 Bそら豆の2回目の追肥・土寄せ(中旬〜下旬)
 Cスナップエンドウの2回目の追肥・土寄せ(中旬〜下旬)
 D春播きニンジンの間引き(中旬〜下旬)

4.収穫を始める野菜
 以下の春野菜の収穫が始まる。
 @エシャレット、櫓ネギ(上旬〜中旬)
 ➁夏ニラ、スティック大根、イチゴ、タラの芽(中旬〜下旬)
 B軟白ウド、グリーンアスパラ(下旬〜5月上旬)

5.撤収する野菜
 @夏播きブロッコリー、小松菜(6)(上旬)
 ➁移植白菜の菜花、冬ダイコン(2)、長ネギ(上旬〜中旬)
 B秋播きキャベツ、秋播きブロッコリー、のらぼう菜、シュンギク(1)(中旬〜下旬)

 たくさんの作業を細かく立案・スケジュール化し農作業効率を上げたい(2017年4月1日)。

posted by 菜園おじさん at 16:57| Comment(0) | 月間農作業予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

農作業予定:2017年3月


 春は眠っていた自然が息を吹き返す季節である。印西市では桜前線が北上し始める3月中旬頃から、春の自然活動が活発となる。

 3月はトマト、ナス、キュウリ、ピーマン、スイカ、唐辛子などの土づくりを行なう。夏野菜のトウモロコシ(2回目)とカボチャの種播きをする。

 ジャガイモとスティックブロッコリー苗の植付けを行う。


1.土づくり・畝づくり
 収穫期間の長いトマト、ナス、キュウリ、スイカ、サトイモなどの土づくり、トウモロコシや春播きゴボウの畝づくりをする。

 @トマト、ナス、キュウリ、スイカ、カボチャ、サトイモの土づくり:上旬〜下旬
 ➁トウモロコシ、パセリ、ゴボウの畝づくり:上旬〜下旬
 

2.播種・芽だし・植え付け
 ジャガイモの植え付けやトウモロコシ、ゴボウ、カボチャ、パセリの播種、サトイモの芽出しを行う。

 @ジャガイモの植え付け(上旬:黒マルチ)
 ➁トウモロコシ(2回目)播種(上旬:簡易温床)
 B種採取用長ネギの移植(上旬)
 Cサトイモ芽出し(中旬〜下旬:貯蔵室、トロ箱)
 Dヤマイモ芽出し(中旬〜下旬:簡易温床)
 ➅スティックブロッコリー植付け(中旬〜下旬:黒マルチ・POトンネル)
 Fパセリ播種(下旬:露地寒冷紗トンネル)
 ➇ゴボウ播種(下旬:露地不織布トンネル)


3.その他の作業
 サツマイモの伏せ込み、そら豆・スナップエンドウの追肥・土寄せ・支柱立て、ウドの軟化などを行う。

 @玉ネギの3回目の追肥:上旬
 ➁サツマイモの伏せ込み、スティックブロッコリーのPOトンネル:上旬
 Bそら豆の3本仕立て:上旬〜中旬
 Cスナップエンドウの追肥・土寄せ・支柱立て:中旬〜下旬
 Dそら豆の追肥・土寄せ・支柱立て:中旬〜下旬
 ➅ニンニクの2回目の追肥:中旬〜下旬 


4.収穫を始める野菜
 シュンギク(2回目)、エシャレット、のらぼう菜、ワケギの収穫を始める。
 @シュンギク(2回目):上旬〜中旬
 ➁のらぼう菜:上旬〜中旬
 Bエシャレット:上旬〜中旬
 Cワケギ、ミツバ:中旬〜下旬


5.撤収する野菜
 @移植菜花:上旬〜中旬
 ➁ホウレン草(6回目):上旬〜中旬
 B冬ダイコン(2):中旬〜下旬
 C長ネギ、ヤマイモ:中旬〜下旬
 D夏播きブロッコリー:中旬〜下旬

 夏野菜の多くの準備作業があるので、作業計画をきちんと立てて実行する、3月は寒暖の差が激しいので体調に十分注意して農作業をしたい(2017年3月1日作成)。

posted by 菜園おじさん at 08:12| Comment(0) | 月間農作業予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

農作業予定:2017年2月


 2月3日で一年で最も寒い大寒が終わり、2月4日から2月18日まで立春となる。梅も開花し日差しも少しずつ強くなるが、まだ厳しい寒さが続くのが2月である。

 2月の主な農作業は夏野菜の土づくり、イチゴの追肥とマルチング、スティックダイコンの播種(2回目)、ジャガイモの畝づくり、長ネギの播種などを行う。

 2月は気温が低いので、播種する野菜の発芽適温と生育適温を維持するためにPOフィルムのトンネル内で育苗する。

1.土づくり・畝づくり
 1月に引き続き夏野菜の土づくりを行う。
 @土づくり(天地返し):スティックブロッコリー(上旬〜中旬)
 ➁土づくり(2):枝豆(中旬〜下旬)
 B畝づくり:ジャガイモ、長ネギ(中旬〜下旬)

2.播種・植え付け
 春野菜のスティックダイコンの播種(2回目)、長ネギを育苗床に播種する。
 @スティックダイコン2回目の播種(中旬:直播き、POトンネル栽培)
 ➁長ネギ播種(下旬:育苗床に直播き、POトンネル栽培)
 Bミニトマト、唐辛子、シシトウの芽だし(下旬:体温芽だし)

3.その他の手入
 イチゴの追肥とマルチ張り、秋播きキャベツ・ブロッコリーの2回目の追肥、玉ネギの3回目の追肥、エンドウ・そら豆の堆肥マルチを行う。
 @イチゴの追肥・黒マルチング(上旬)
 ➁秋播きキャベツ・ブロッコリーの追肥(上旬〜中旬)
 B玉ネギの3回目の追肥(中旬〜下旬)
 Cそら豆の除草・堆肥マルチ(中旬〜下旬)
 Dスナップエンドウの除草・堆肥マルチ(中旬〜下旬)
 ➅ヤマイモ、ゴボウの貯蔵(中旬〜下旬)
 Fグリーン堆肥づくり(上旬〜下旬)
 
4.収穫
 @冬ダイコン(2:青首ダイコン)(上旬)

5.撤収
 @菜花、移植菜花(中旬〜下旬)
 ➁秋播きほうれん草(中旬〜下旬)

 2月は寒さは平年並みと言われている。積雪や鳥害対策をきっちり行なう。黒マルチやビニールトンネルをきっちり張り野菜の生育適温を維持したい(2017年2月1日)。

posted by 菜園おじさん at 07:44| Comment(0) | 月間農作業予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする