2017年06月29日

大玉スイカ:3回目の追肥


 毎年大玉スイカ2株を露地栽培している。1月4日、小松菜と金町小カブの跡地(幅2m×長さ3m)の天地返しをする。3月22日、深溝に堆肥を施し、仮鞍をつくる。

 4月4日、鞍に元肥を施し、黒マルチを張る。4月24日、鞍に大玉スイカ苗2株(共台)を植え付ける。5月4日、本葉が5枚となったので摘芯する。

 5月10日、3本に仕立てる。5月14日、畝に麦藁を敷く。5月20日、3本仕立ての蔓の誘引が終わり6本の蔓が1列に伸び始める。1回目の追肥を施す。

 5月24日、人工授粉を始める。5月30日、1個着果したので2回目の追肥を施す。6月12日、新たに3個着果する。6月13日、着果スイカにマットを敷く。

 6月15日、カラスの食害対策として畝に園芸ネットを張る。6月20日、3個の着果スイカにマットを敷く。6月26日、3回目の追肥を施す。


14.3回目の追肥(6月26日)

 大玉スイカは5月30日(1個)、6月12日(3個)、6月17日(1個)の合計5個が着果し順調に肥大している。

SSCN2913[1].JPG
(大玉スイカに3回目の追肥を施す)

 6月26日、鞍に3回目の追肥(玉肥え)を施す。5月30日に着果した1個は8kg近く、6月12日着果した3個はバレーボール大に生長している。

 2回目の追肥場所よりも約5cm外側に溝をつくり、2株に発酵鶏糞液肥2リットル(粉状200g)を6リットルに希釈し施し覆土する。

 6月15日以降は天候不順が続いたが、3個着果した。合計8個となって目標を達成した。初物の収穫開始は7月15日頃を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 07:24| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: