2017年05月19日

オクラ:播種


 毎年自家製種(円形と角型)でオクラを栽培している。5月12日、土づくりをする。5月17日、直播きする。


2.播種(5月17日)

 5月12日、シュンギクの跡地に元肥を施し幅90cm×長さ4mの平畝をつくる。5月17日、自家採取オクラを直播きする。

SSCN2053[1].JPG

SSCN2055[1].JPG

SSCN2057[1].JPG

SSCN2059[1].JPG
(ネキリムシ対策をした畝に種を直播する)

 先ず畝に幅約40cm×長さ4mのプチプチの城壁をつくる(ネキリムシ対策)。城壁の中に角材で幅約3cm×長さ4m×深さ2cmの播き溝をつくる。

 2昼夜水に浸したオクラ(約60%の種は発根している)を株間約8cmとして2粒ずつ播く。今年も密植栽培とする。金網で篩った畑の土で覆土し、角材で強く鎮圧する。

 ジョウロで散水する。オクラの発芽適温(地温)は25〜30℃と高い。防虫ネットのトンネルで畝を覆う。播種後1週間程度で発芽すると見ている。

posted by 菜園おじさん at 06:53| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: