2017年05月05日

サトイモ:株間に元肥を施す


 毎年2種類のサトイモ(土垂れ、一つ頭)を栽培している。2017年3月23日、サトイモ畑(移植菜花の跡地)の天地返しを行なう。

 3月31日、親イモの芽出しを始める。4月19日、サトイモの畝づくりをする。4月30日、サトイモを植えつける3条の深溝をつくる。

 5月2日、1回目の種イモを植え付ける。5月3日、株間に元肥を施す。


6.株間に元肥を施す(5月3日)

 5月2日、幅2.7m×長さ6mの平畝に幅23cm×長さ6m×深さ20〜25cmの植え溝を3条つくり1回目の種イモを植え付ける。

SSCN1777[1].JPG

SSCN1779[1].JPG

SSCN1781[1].JPG

SSCN1783[1].JPG
(元肥を空き地で混和し、株間に施す)

 5月3日、サトイモの株間に元肥を施す。空き地で1株当たりグリーン堆肥約200g、落葉堆肥約200g、油粕20g、米糠20g、発酵鶏糞20g、草木灰5gを混和する。

 堆肥は保水剤の役割を果たす。元肥を株間に施し覆土はしない。種芋が余っているので5月末までに空いている畑に植え付ける予定。

posted by 菜園おじさん at 06:36| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: