2017年04月16日

秋播きキャベツ:撤収


 秋播きキャベツ(収穫時期4月〜6月)を栽培する。10月10日、夏播きキャベツを育てた苗床に金系201号を播種する。10月19日、発芽する。

 11月18日、追肥を施し苗床をビニールフィルムで覆う。12月9日、畝をつくる。12月13日、育苗床の苗8株を植え付ける。

 2017年1月11日、1回目の追肥を施す。2月11日、2回目の追肥を施す。3月20日、POから寒冷紗トンネルに切り替える。4月15日、撤収する。

 
8.撤収(4月15日)

 3月20日、気温が上昇してきたのでPOから寒冷紗トンネルに切り替える。寒冷紗トンネルとしたが、キャベツの腐敗が進み全滅状態となる。

 4月15日、全ての玉の表面が腐ったキャベツを抜き取る。ブロッコリーは葉が腐敗することはないが、キャベツは腐敗が広がり収穫できる状態ではない。

 秋播きキャベツのトピックスとして
 @POトンネル栽培を3月下旬まで行い、葉が焼け腐敗病が進む。
 ➁全ての秋播きキャベツが腐敗し全滅した。初めての経験であった。
 BキャベツのPOトンネル栽培は2月までとする。
などが挙げられる。

posted by 菜園おじさん at 07:03| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: