2017年04月14日

小松菜(6):撤収


 9月14日、宿儺カボチャの跡地に苦土石灰を散布しシャベルで耕す。9月19日、元肥を施し、畝をつくる。9月27日、小松菜を直播きする。

 10月2日、順調に発芽する。10月16日、小さな苗を間引き中耕・土寄せと追肥をする。12月11日、収穫を始める。

 2017年3月22日、とう立ちした小松菜を収穫する。4月13日、全ての小松菜を撤収する。


9、撤収(4月13日)

 3月中旬を過ぎると秋播き小松菜のとう立ちが始まる。とう立ちした小松菜は菜花として収穫する。甘さがあり味の深い菜花である。

SSCN1358[1].JPG

SSCN1360[1].JPG
(とう立ちした菜花を収穫し撤収する)

 4月13日、全ての小松菜を撤収する。とう立ちした小松菜を手で抜き取り、堆肥場に運び根以外の部分を鎌で切り刻みグリーン堆肥原料にする。

 根は天日乾燥し焼却処理する。後作には「宿儺カボチャ」を栽培する。小松菜(6)のトピックスは
 @秋播き小松菜は虫害や鳥害にも遭わず12月11日から4月まで収穫できた。
 ➁3月下旬からとう立ち菜花として収穫する、菜花の味も良かった。
などが挙げられる。

ラベル:撤収 小松菜
posted by 菜園おじさん at 07:46| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: