2017年04月08日

蔓ありインゲン(1):播種


 4月3日、サトイモの跡地に畝をつくり、黒マルチを張る。4月7日、蔓ありインゲンを播種する。


2.播種(4月7日)

 4月3日、サトイモの跡地(幅90cm×長さ2m)に元肥を施し3本鍬で鋤き込み平畝をつくる。畝に黒マルチを張る。

SSCN1298[1].JPG

SSCN1300[1].JPG

SSCN1302[1].JPG
(黒マルチの穴に2粒播種し寒冷紗をベタ掛けする)

 4月7日、蔓なしインゲンを播種する。幅80cm×長さ2mの平畝に条間60cm×株間40cmとして播き穴に播種する。

 指で深さ約2cmの穴をつくり、早どりつるありインゲン(サカタ、190円/1袋)を2粒ずつ落とし、種を「横」にして覆土する。

 合計24粒を直播きする。発芽するまでは乾燥を防止するため寒冷紗をベタ掛けする。本葉が出てきたら、防虫ネットのトンネル栽培とする。
 
posted by 菜園おじさん at 08:11| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: