2017年03月31日

秋播きゴボウ:換気POトンネル撤去


 春に収穫する秋播きゴボウを栽培する。10月14日、土づくりをする。10月16日、畝をつくる。11月8日、柳川理想ゴボウを播種する。

 11月25日、発芽が始まる。畝を換気フィルムで覆う。2017年2月4日、畝の除草と潅水をする。3月30日、換気POトンネルを撤去する。


6.換気POトンネル撤去(3月30日)

 11月8日に直播した秋播きゴボウ、11月25日からゴボウの発芽が始まる。ポツリポツリと芽が伸びている状態、畝を換気フィルムで覆う。

SSCN1215[1].JPG

SSCN1212[1].JPG
(本数は少ないが生育順調な秋播きゴボウ)

 3月30日、気温が上昇してきたので換気POトンネルを撤去する。ゴボウの換気POトンネル栽培、気温が上昇するとアブラムシがつく可能性が高い。

 ビニールトンネルを撤去し、畝に蔓延っている雑草を抜き取る。成長が早いゴボウは本葉4枚となっている。越冬中に枯れたゴボウも多い。

 アブラムシ予防に草木灰を振りかける。本葉5〜6枚に生長したら2回目の追肥を施す予定。

posted by 菜園おじさん at 07:19| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: