2017年05月13日

スティックブロッコリー:収穫を始める


 春播きスティックブロッコリー(収穫時期5月〜6月)を栽培する。2017年1月19日、スティックブロッコリーを育苗する簡易温床の苗床をつくる。

 1月27日、苗床に播種する。2月5日、発芽が始まる。2月20日、仮畝に元肥を施す。2月24日、苗床の苗の間引きと土寄せを行なう。

 2月27日、畝に黒マルチを張る。3月6日、本葉3枚の幼苗をポットに移植する。3月9日、畝をPOトンネルで囲む。

 4月25日、POフィルムを防虫ネットに切り替える。5月10日、収穫を始める。

 
10.収穫を始める(5月10日)

 5月10日、スティックブロッコリーの収穫を始める。トンネルの防虫ネットを捲り、2株のスティックブロッコリーの主枝に出雷した蕾をハサミで切り取る。

SSCN1961[1].JPG

SSCN1963[1].JPG

SSCN1965[1].JPG
(防虫ネットを捲り主枝の蕾を収穫する)

 防虫ネットのトンネル栽培、葉や蕾も害虫に全く食害されていない。きれいで新鮮な蕾と茎となっている。

posted by 菜園おじさん at 07:24| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュンギク(2):撤収

 
 来春4月に収穫するシュンギクを栽培する。10月14日、土づくりをする。10月30日、シュンギクの畝をつくる。11月9日、播種する。

 11月20日、一斉に発芽する。11月23日、畝を換気フィルムのトンネルで囲む。2017年2月2日、換気フィルムのトンネルの苗に追肥と潅水を行なう。

 3月3日、収穫を始める。4月3日、換気フィルムを撤去し露地栽培にする。4月28日、花が咲きだしたので収穫を終える。5月10日、撤収する。


9.撤収(5月10日)

 3月3日からシュンギク(2)の収穫を始める。4月28日、花が咲きだしたので収穫を終え鎌で茎を刈り取る。5月10日、残渣を撤収する。

SSCN1973[1].JPG

SSCN1975[1].JPG
(シュンギクを引き抜き、天日乾燥する)

 シャベルでシュンギクの根を掘り上げる。硬い茎や根は天日乾燥させ焼却処理をすることにしている。

ラベル:シュンギク 撤収
posted by 菜園おじさん at 07:18| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニラ:苗の植え付け


 多年草の夏ニラ(葉の幅が狭い品種)を栽培している。2月20日、苗床に播種する(POトンネル栽培)。3月11日、発芽が始まる。

 3月17日、露地栽培の発芽が始まる。5月10日、苗床で育苗した苗を植えつける。


4.苗の植え付け(5月10日)

 5月10日、2月20日に播種し苗床で育苗した苗を植えつける。苗床から草丈15cmほどに生長した苗を移植ごてで掘り上げる。

SSCN1947[1].JPG

SSCN1949[1].JPG
(苗を1束3本にして植えつける)

 幅70cm×長さ50cmの畝に深さ5cmの植え溝をつくり、株間20cm×条間30cmで1箇所に3本ずつ束にして斜めに置く。1本植えは生育が悪くなる。

 茎の下の部分まで埋まるくらい、深めに植える。ジョウロでたっぷり潅水する。苗が根付いたら、成長点の下を目安に株元に土寄せる。

posted by 菜園おじさん at 07:14| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九重栗カボチャ:畝づくり


 毎年2種類のカボチャ(九重栗、宿儺)を栽培している。4月8日、種の芽出しを始める。4月16日、簡易温床に播種する。5月1日、再播種する。

 5月11日、畝をつくる。

 
3.畝づくり(5月11日)

 5月11日、栽培予定地(スティックダイコンとジャガイモの畝間:幅60cm×長さ5m)をシャベルで深く耕し元肥を施す。

SSCN1667[1].JPG

SSCN1669[1].JPG
(ジャガイモ畑の隣に元肥を施し畝をつくる)

 1m2当たり落葉堆肥2kg、グリーン堆肥1kg、籾殻1kg、発酵鶏糞100g、EMボカシ100g、米糠100g、草木灰100gを空き地で混和する。

 混和した元肥を畝に散布し3本鍬で鋤き込む。レーキで平らに均し、幅60cm×長さ5mの平畝が出来上がる。

 九重栗カボチャの植付けは、5月下旬を予定している。

posted by 菜園おじさん at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする