2017年05月08日

玉ネギ:白玉ネギの収穫を始める


 毎年3品種の玉ネギ(サラダ用早生、サラダ用紫玉ネギ、晩生の奥州)を栽培している。8月21日、育苗床の土づくりを行う。9月6日、育苗床をつくる。

 9月9日、サラダ用早生を播種する。9月14日、サラダ用紫玉ネギを播種する。9月17日、晩生の奥州を播種する。10月10日、苗床の幼苗に追肥を施す。

 10月13日、苗を植え付ける2カ所の畑を耕す。11月6日、早生用玉ネギの畑の土づくりをする。11月6日、早生用玉ネギの畝をつくり、穴開き黒マルチを張る。

 11月10日、1回目の植付けをする。11月18日、晩生奥州・紫玉ネギの畝をつくり、穴開き黒マルチを張る。11月22日、2回目の植付け(奥州)をする。

 11月22日、2回目の植付け(奥州)をする。11月26日、3回目の植付け(紫玉ネギ)をする。12月22日、1回目の追肥を施す。

 2017年1月17日、強風で剥がれた黒マルチを直す。1月26日、玉ネギ(早生、ネオアース)に2回目の追肥を施す。

 1月30日、玉ネギ(紫玉ネギ、奥州)に2回目の追肥を施す。3月1日、玉ネギ(早生、ネオアース、紫玉ネギ、奥州)に3回目の追肥を施す。

 
17.白玉ネギの収穫を始める(5月6日)

 植え付け時は小さな苗で、立派に生長するか心配していたが大きな玉ネギ生長している。早生の白玉ネギの茎が折れてきた。昨年のようなベト病は発生していない。

 5月6日、白玉ネギ(早生)の収穫を始める。茎が折れている3株を引き抜く。早生の白玉ネギはサラダにしていただく。血液サラサラとなるでしょうか。

posted by 菜園おじさん at 07:13| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九重栗カボチャ:発芽が始まる


 毎年2種類のカボチャ(九重栗、宿儺)を栽培している。4月8日、種の芽出しを始める。4月16日、簡易温床に播種する。4月29日、発芽しないので再播種する。

 4月30日、畝をつくる。5月6日、発芽が始まる。


4.発芽が始まる(5月6日)

 4月16日、自家採取種を育苗床に10粒播種する。4月29日、発芽しないので再播種する(10粒)。5月6日、発芽が始まる。

SSCN1813[1].JPG

SSCN1815[1].JPG
(再播種した九重栗カボチャが発芽する)

 自家製10粒を再播種した処、10粒が発芽している。育苗床で本葉が3〜4枚になるまで育苗する。九重栗カボチャの植付けは、5月下旬を予定している。

posted by 菜園おじさん at 07:10| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大玉トマト:トマトハウスを雨除けハウスに改造


 2017年2月21日、雨除けハウス(POフィルムを張り巡らし温室改造)の栽培予定地の天地返しをする。3月28日、深溝施肥を行う。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを敷く。4月23日、桃太郎ファイト(接ぎ木苗)5株を植え付ける。5月2日、支柱を立てる。

 5月6日、トマトハウスの温室を雨除けハウスに改造する。


6.トマトハウスを雨除けハウスに改造(5月6日)

 桃太郎ファイト5株はトマトハウスの温室で栽培している。最高気温が23℃にも上昇してきたので、トマトハウスの温室を雨除けハウスに改造する。

SSCN1824[1].JPG

SSCN1825[1].JPG

SSCN1823[1].JPG
(トマトハウスの温室を雨除けハウスにする)

 前面の入り口に張ったポリフィルムを撤去する。後面のポリフィルムは半分程開ける。4mある両側面のポリフィルムに隙間を開ける。

 気温の上昇具合を見ながら隙間を広げ、最終的にはスカート部のポリフィルムを撤去することにしている。脇芽も伸びてきたので欠き挿し芽にする予定。

posted by 菜園おじさん at 07:04| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑肥用麦:種麦の開花


 毎年落花生の裏作に緑肥用小麦を栽培している。今年は落花生畑を耕さないで麦の種まきを行う。10月18日、落花生の跡地に刈り取ったススキを敷き詰める。

 11月12日、落花生の跡地に敷き詰めたススキを片付ける。11月14日、緑肥用小麦を播種する。11月29日、順調に発芽する。

 12月29日、1回目の麦踏みをする。2017年1月24日、2回目の麦踏みをする。2月16日、3回目の麦踏みをする。3月20日、畝の除草を行う。

 4月25日、小麦を刈り取り、天日乾燥を始める。5月6日、種麦が開花する。

 
10.種麦の開花(5月6日)
 
 4月25日、緑肥用小麦の穂が出始めたので敷藁用として刈り取る。種採取用小麦としてシャベルで数株を掘り起こし、別な畑に移植する。

SSCN1852[1].JPG

SSCN1854[1].JPG
(種小麦の穂が開花する)

 5月6日、種麦の穂が開花する。白い小さな花弁が風に揺れている。今後穂に実が入ると雀の餌食となるので防虫ネットで覆うことにしている。

posted by 菜園おじさん at 06:59| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする