2017年05月04日

キュウリ:防虫ネットの育苗


 2016年12月18日、キュウリの栽培予定地(ナスの跡地)を天地返しする。 2017年3月19日、仮畝に元肥(1)を施す。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを張る。4月26日、購入苗4株(ときわ333)を植え付ける。5月3日、換気フィルムから防虫ネットトンネルにする。


5.防虫ネットの育苗(5月3日)

 4月26日、キュウリ苗4株(ときわ333)を幅85cm×長さ3.3mの畝に植え付ける。朝晩は冷えるので換気フィルムのトンネル内で育苗する。

SSCN1753[1].JPG
(キュウリの畝を防虫ネットトンネルにする)

 キュウリ苗は順調に生育している。5月20日前後まで防虫ネットトンネル内で育苗し、合掌式支柱を立てる予定。

 5月3日、朝晩の冷え込みが少なくなってきたので、換気フィルムから防虫ネットトンネルにする。換気フィルムを撤収し防虫ネットトンネルにする。


posted by 菜園おじさん at 16:51| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティック大根:収穫を始める


 2017年1月13日、スティック大根の栽培予定地(青首ダイコン・三浦ダイコンの跡地)をシャベルで耕す。1月18日、元肥を施し、畝をつくる。

 1月20日、畝に張る透明ポリマルチをつくる。1月23日、畝に透明マルチを張り、POフィルムのトンネルで囲む。1月29日、1回目の種を播く。

 2月8日、スティック大根(1)の発芽が始まる。2月8日、発芽が始まる。2月11日、2回目の種を播く。2月22日、2月11日に播種した種が発芽する。

 3月6日、除草と1回目の間引きを行う。4月6日、気温が上昇してきたのでPOから寒冷紗トンネルに替える。4月20日、寒冷紗トンネルを撤去する。

 5月3日、収穫を始める。


12.収穫を始める(5月3日)

 5月3日、スティック大根の収穫を始める。今年のスティック大根は2本仕立て、早く大きく肥大した大根から抜き取る。

SSCN1793[1].JPG

SSCN1791[1].JPG
(スティック大根の初物を収穫する)

 長さ17cm、最大部の直径は9cm、きれいな形の大根に生長している。スティックダイコンはダイコンサラダ(ダイコン、食塩、ホタテ貝の貝柱、マヨネーズ)でいただく。

 ホタテ貝の貝柱は少々高価であるが酒の肴にはもってこいである。スティック大根の収穫期間は約1カ月と短い、5月末までに収穫を終える予定。

posted by 菜園おじさん at 07:33| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大玉トマト:垂直支柱を立てる


 2017年2月21日、雨除けハウス(POフィルムを張り巡らし温室改造)の栽培予定地の天地返しをする。3月28日、深溝施肥を行う。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを敷く。4月23日、桃太郎ファイト(接ぎ木苗)5株を植え付ける。5月2日、支柱を立てる。


5.垂直支柱を立てる(5月2日)

 4月23日、黒マルチを張ったトマトハウス内の畝(幅80cm×長さ3.5m)に桃太郎ファイト(接ぎ木苗)5株を植え付ける。

SSCN1679[1].JPG

SSCN1675[1].JPG

SSCN1677[1].JPG
(頭を持ち上げた苗5株に垂直支柱を立てる)

 5月2日、寝かせ植えの大玉トマトが起き上がってきたので支柱を立てる。樹脂被覆鋼管支柱を起き上がった場所に5本立て、苗をポリ紐で緩く8字状に支柱に結える。

 樹脂被覆鋼管支柱の上部に真竹支柱を横に渡し、ポリ紐で結わえ3箇所ハウスの支柱に固定する。今後はトマトハウスのスカート部のポリフィルムを撤去する予定。

posted by 菜園おじさん at 07:28| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝豆:防虫ネットトンネルにする


 サトイモの跡地(幅80cm×長さ6m)に枝豆を栽培する。2017年1月6日、栽培予定地を天地返しする。1月17日、消し炭や落花生の殻などをばらまく。

 3月7日、仮畝に元肥を施す。3月10日、畝をつくり、黒マルチを張る。3月12日、畝をPOトンネルで囲む。3月17日、1回目の播種をする。

 3月31日、1回目に播種した枝豆の発芽が始まる。4月1日、2回目の播種(早生、おつな姫)を行なう。4月3日、3月17日に播種した穴に再播種する。

 POフィルムから換気フィルムトンネルに切り替える。4月14日、新しい種を播種する。5月2日、播種した種が発芽する。換気フィルムを止め防虫ネットトンネルにする。


10.防虫ネットトンネルにする(5月2日)

 4月3日に播種した枝豆がほとんど発芽しないので4月14日に新しい種を播種する。5月2日、播種した種が発芽する。新しい種は100%発芽している。

SSCN1757[1].JPG
(換気フィルムを防虫ネットに切り替える)

 発芽不良の原因は昨年購入した古い種を使用したためである。5月2日、気温が上昇してきたので換気フィルムを止め防虫ネットトンネルにする。

 主茎が5節になった枝豆を摘芯する。


posted by 菜園おじさん at 07:23| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする