2017年05月31日

トウモロコシ(1):雌花開花・授粉開始


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月10日、発芽が始まる。

 3月11日、2回目の種(浸水処理)10粒を温床に播種する。3月19日、仮畝に元肥を施し、畝をつくる。3月25日、平畝に植溝(深溝)をつくる。

 3月29日、1回目の苗10株を植え付ける。4月7日、2回目の苗6株を植え付ける。4月24日、POトンネルを撤去し露地栽培にする。1回目の追肥を施す。

 5月9日、防虫ハウスをつくる。5月21日、雄穂の出穂が始まったので2回目の追肥を施す。5月29日、雌花が開花し授粉が始まる


15.雌花開花・授粉開始(5月29日)

 5月29日、トウモロコシの雌花が開花し雌花の授粉が始まる。雄花開花後、雌花(絹糸)が咲き始める。雌花(絹糸)に花粉が降りかかり、授粉が始まった。

SSCN2297[1].JPG

SSCN2299[1].JPG

SSCN2301[1].JPG
(雄花に続き雌花も開花し授粉が始まる)

 16株のゴールドラッシュ、雌穂は1株につき1〜2本出ている。今後1番上の雌穂を残し、他は取り除くことにしている。

 現在のところ、雄穂にアワノメイガ幼虫の糞は見当たらない。収穫は6月20日前後とみている。6月10日頃に2回目のトウモロコシを播種する予定(セルトレイ)。

posted by 菜園おじさん at 05:44| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サツマイモ:2回目の植付け


 安納イモとベニアズマ、ベニハルカの3種類を栽培する。2015年11月7日、踏込み温床をつくる。2016年3月1日、踏込温床の発酵を始める。

 3月5日、踏込温床に用土を敷く。3月9日、種イモ7本を温床に伏せ込む。3月28日、発芽が始まる。4月22日、苗床のビニール捲り天日に当てる。

 4月23日、土づくりをする。5月1日、気温上昇で温床のビニールを寒冷紗に切り替える。5月8日、平畝に黒マルチを張る。

 5月17日、1回目の植付け(ベニハルカ、ベニアズマ)をする。5月19日、安納イモイモを植え付ける畝をつくり黒マルチを張る。

 5月28日、2回目の植付け(安納イモ)をする。


11.2回目の植付け(5月28日)

 5月28日、2回目の植付け(安納イモ)をする。踏込み苗床から自家製苗20本(安納イモ)を切り取る。元気な苗に生長している。

DSCN2277[1].JPG

DSCN2279[1].JPG

SSCN2303[1].JPG
(黒マルチの畝に安納イモの苗を20本植えつける)

 黒マルチの植え穴(直径4cm)に株間30cmとして直径1cm程度の竹棒を斜めに差し込み、ジョウロで約500ccの水を穴に注入する。

 注入後竹棒で土と水をかき混ぜ田んぼの代掻きをした状態にする(ドロドロ状にする)。注入した穴に苗を斜めに差込み植え穴を土で埋め、手で鎮圧する。

 畝全体を寒冷紗トンネルで覆い乾燥を防ぎ着根を早める。

posted by 菜園おじさん at 05:38| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金ゴマ:畝づくり


 昨年に続き金ゴマを栽培する。今年は黒マルチ栽培とする。5月28日、畝をつくり黒マルチを張る。


1.畝づくり(5月28日)

 5月28日、エシャレットの跡地(幅1m×長さ3m)をシャベルで深く耕す。レーキで土の塊を砕き平らに均す。

SSCN2272[1].JPG

SSCN2274[1].JPG

SSCN2276[1].JPG
(元肥を施し畝をつくり、穴開きマルチを張る)

 1m2当たり苦土石灰100g、落葉堆肥2kg、グリーン堆肥1kg、発酵鶏糞100g、米糠100gを施し3本鍬で元肥を鋤き込む。

 最後にレーキで大きな塊を砕き平に均す。幅90cm×長さ3mの平畝が出来上がる。最後に玉ネギ用穴開き黒マルチを張る。6月上旬に播種する予定。

posted by 菜園おじさん at 05:34| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする