2017年04月09日

九重栗カボチャ:芽出し


 毎年2種類のカボチャ(九重栗、宿儺)を栽培している。4月8日、種の芽出しを始める。


1.芽出し(4月8日)

 4月8日、吸水し易くするために九重栗の種10粒(自家製種)の種皮に爪切りで傷を付ける。種の尖った部分に付けると発芽しなくなるので横に付ける。

SSCN1310[1].JPG
(納豆容器に種を入れ芽出しを始める)

 種をポリ容器に入れ、種を濡れたペーパー布に包み温水に浸ける。15℃〜25℃のトマトハウス内で芽出しを行う。カボチャの最適発芽温度は25〜30℃。

 1週間前後で芽が出てくると考えている。芽がでたら簡易温床に播種する。

posted by 菜園おじさん at 10:14| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農業施設:カボチャ・ゴーヤの簡易温床整備

 
 昨年、カボチャ(九重栗5株、宿儺カボチャ5株)とゴーヤ(5〜6株)の苗を育苗する簡易温床(幅80cm×長さ1.5m)をつくり育苗した。

 4月7日、昨年つくった簡易温床を整備する。先ず温床に生えている雑草を除去し、シャベルで耕す。サツマイモの踏込み温床で発酵した落葉堆肥約2kgを投入し鋤き込む。

SSCN1282[1].JPG
(整備したカボチャ・ゴーヤ用簡易温床)

 金属篩で土の塊を除き、角材で平らに均し幅80cm×長さ1.3mの育苗床とする。割り竹支柱を挿し、アーチ状の骨組みをつくる。

 POフィルムを張り巡らし、育苗床の昇温を開始する。4月15日頃に水に浸漬し芽だしを行った種を播種する予定(2017年4月8日作成)。

posted by 菜園おじさん at 08:10| Comment(0) | 農業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エシャレット:収穫を始める


 8月3日、畝をつくる。8月13日、1回目の植え付けをする。9月21日、2回目の植付けをする。10月1日、8月13日に植え付けた球根の発芽が始まる。

 11月9日、1回目の追肥を施す。2017年1月28日、2回目の追肥を施す。4月8日、収穫を始める。


6.収穫を始める(4月8日)

 4月8日、昨年の8月13日に植え付けたエシャレットの収穫を始める。葉が20〜30cmに伸びたエシャレット1株をシャベルで掘り上げる。

DSCN1305[1].JPG

SSCN1304[1].JPG
(エシャレット1株を掘り起こす)

 1穴に2片の種球を植え付けたが、20片程度に増えている。根径も大きく食べ頃である。エシャレットはラッキョウを生食用に育てたもの。

 外皮を剥き取り洗うのが面倒であるが、酒の肴として味噌をつけて食べている。

posted by 菜園おじさん at 08:05| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする