2017年04月06日

大玉トマト:畝づくり


 2017年2月21日、雨除けハウス(POフィルムを張り巡らし温室改造)の栽培予定地の天地返しをする。3月28日、深溝施肥を行う。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを敷く。


3.畝づくり(4月5日)

 4月5日、トマトハウスの畝(幅90cm×長さ3.5m)に元肥を全面施肥し3本鍬で鋤き込み平畝をつくる。

SSCN1294[1].JPG

SSCN1296[1].JPG
(堆肥に元肥を混和し畝に鋤き込み黒マルチを張る)

 空き地で落葉堆肥6kg、グリーン堆肥3kg、EMボカシ450g、発酵鶏糞300g、草木灰450g、米糠200gを鍬で混和する。

 混和した元肥を幅90cm×長さ3.5mの畝に散布し、3本鍬で深く鋤き込む。レーキと長さ70cmの角材で平らに均し、ジョウロで6リットルの水を散水する。

 畝に黒マルチを張り、マルチの端を踏み固めると幅80cm×長さ3.5mの平畝が出来上がる。今年は4月20日頃に5株を植え付ける。

posted by 菜園おじさん at 07:20| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュウリ:畝づくり


 2016年12月18日、キュウリの栽培予定地(ナスの跡地)を天地返しする。 2017年3月19日、仮畝に元肥(1)を施す。

 4月5日、畝をつくり、黒マルチを張る。


3.畝づくり(4月5日)

 4月5日、仮畝(幅1m×長さ3.5m)に有機肥料を施し、畝をつくる。1m2当たり油粕100g、発酵鶏糞100g、EMボカシ肥料100gを施す。

SSCN1270[1].JPG

SSCN1272[1].JPG
(畝に元肥を施し、黒マルチを張る)

 3本鍬で深く耕し元肥を鋤き込む。レーキで土の塊を砕き、長さ70cmの角材で表面の凸凹を均し、M字型の畝にする(マルチに降った雨が植え穴に流れ込むようにする)。

 幅85cm×長さ3.3mとなるように鍬で畝の4隅を削る。幅95cmの黒マルチを張り、黒マルチの端に土を盛り、足で鎮圧する。

 強風で吹き飛ばされないように鉄パイプをのせておく。夏キュウリ苗4株の植え付けは、4月25日頃を予定している。

posted by 菜園おじさん at 07:14| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホウレン草(1):POトンネル撤去

 
 2月28日、直播き白菜の跡地(幅90cm×長さ約3m)をシャベルで深く耕す。3月11日、元肥を施し、畝をつくる。3月17日、播種しPOトンネルで覆う。

 3月28日、順調に発芽する。4月4日、気温が上昇してきたのでPOトンネルを撤去する。


4.POトンネル撤去(4月4日)

 4月4日、気温が上昇してきたのでPOトンネルを撤去する。POフィルムを回収し日焼け防止に寒冷紗のトンネルとする。

SSCN1238[1].JPG

SSCN1240[1].JPG
(順調に生育しているホウレンソウ)

 生育は順調で本葉が1〜2枚伸び始めている。4月中旬に追肥として油粕液肥を施すことにしている。

posted by 菜園おじさん at 07:09| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする