2017年03月28日

パセリ:発芽


 3月4日、ルッコラと二十日ダイコンの跡地をシャベルで耕し元肥を施す。3月8日、浸水処理した種(パラマウント)を播種する。3月27日、発芽が始まる。


3.発芽(3月27日)

 3月8日、条間25cm×長さ2mの溝(幅1.5cm×深さ1.5cm)を3条の畝に、一昼夜浸水処理したパセリの種を播種する。プチプチのトンネルで覆う。

SSCN1151[1].JPG

SSCN1153[1].JPG
(プチプチトンネル内で順調に発芽したパセリ)

 3月27日、遅い発芽が始まる。4月中旬まではプチプチトンネルで育苗する。本葉2枚に生長したら除草と中耕をする予定。

ラベル:パセリ 発芽
posted by 菜園おじさん at 17:07| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏播きブロッコリー:寒冷紗トンネルの撤去


 夏播きブロッコリー(収穫時期11月〜3月)を栽培する。7月17日、3号ポットに播種する(グリーンパレス)。7月26日、発芽する。8月15日、土づくりをする。

 8月31日、苗を植え付ける。9月23日、1回目の追肥を施す。10月20日、2回目の追肥を施す。11月13日、3回目の追肥を行う。

 11月20日、収穫を始める。12月30日、主枝の収穫を終える。2016年2月1日、脇芽の収穫を始める。2月25日、脇芽を収穫する。

 3月25日、寒冷紗トンネルを撤去する。

 
12.寒冷紗トンネルの撤去(3月25日)

 2月1日から夏播きブロッコリー7株の脇芽の収穫を始める。3月25日、脇芽も小さくなり撤収の時期と迎える。防鳥用寒冷紗トンネルを撤去する。

SSCN1137[1].JPG

SSCN1139[1].JPG
(寒冷紗を撤去した夏播きブロッコリー)

 秋播きブロッコリーの収穫が始まるまで、花が開花しない小さな脇芽を収穫する。栄養価も高く、長く収穫できる便利な野菜である。

posted by 菜園おじさん at 07:09| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュンギク:換気フィルムトンネルの撤収

 
 毎年病気や寒さに強い株張りシュンギクを栽培している。8月5日、畝づくりをする。8月16日、中葉新菊を播種する。8月20日、発芽する。

 9月24日、追肥と土寄せをする。10月13日、収穫を始める。2017年3月25日、畝を囲っている換気フィルムトンネルを撤収する。


7.換気フィルムトンネルの撤収(3月25日)

 2016年10月13日からシュンギクの収穫を始める。11月23日、畝を換気フィルムのトンネルで囲み冬を越す。

 2017年3月25日、畝を囲っている換気フィルムトンネルを撤収する。半分の春菊は寒気で枯れているが、残りの半分は青い葉をつけている。

 夏播きのシュンギクは秋播きのシュンギクより葉が硬いが、濃厚な味がする。4月下旬まで栽培を続ける。

posted by 菜園おじさん at 07:01| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする