2017年03月22日

ニンニク:2回目の追肥


 ニンニクは堆肥マルチ栽培を行っている。10月8日、土づくりを行う。10月11日、畝をつくり、黒マルチを張る。10月15日、ニンニクの種片を植え付ける(青森産6片ニンニク:56片、スペイン産:21片、合計77片)。

 12月21日、1回目の追肥を施す。2017年3月20日、2回目の追肥を施す。


6.2回目の追肥(3月20日)

 3月に入るとニンニクの芽が伸び始める。3月20日、幅80cm×長さ3m×高さ3cmの畝に追肥を施す。先ず黒マルチの穴に生えている雑草を抜き取る。

SSCN1048[1].JPG

SSCN1049[1].JPG

SSCN1050[1].JPG
(ニンニクに2回目の追肥(液肥)を施す)

 77株の黒マルチの穴を竹棒で中耕し液肥を投入し易くする。株の無い黒マルチの穴を竹棒で直径3cm×深さ5cmの穴をあける。

 黒マルチの穴に油粕液肥2リットルと発酵鶏糞液肥2リットルのブレンド液肥(N12g、P16g、K10g/4リットル)を施す。覆土はしない。

 現在の処ベト病は発生していない。収穫は6月上旬を予定している。

posted by 菜園おじさん at 08:00| Comment(0) | ネギ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋播きニンジン:POトンネル栽培を止める


 2016年9月25日、畝をつくる。9月30日、秋播きニンジンを播種する。10月10日、発芽が始まる。12月9日、1回目の間引きを行ないPOトンネル栽培を始める。

 2017年3月20日、POトンネル栽培を止める。


5.POトンネル栽培を止める(3月20日)

 3月20日、気温が上昇してきたのでPOフィルムトンネルを撤去する。POフィルムを剥がし、割竹支柱を引き抜いて片付ける。

SSCN1087[1].JPG

SSCN1088[1].JPG
(POフィルムのトンネルを撤収したニンジン)
 
 また畝に生えている雑草を抜き取る。鎌で2条のニンジンに土を寄せる。ニンジンの生育適温は18〜21℃、耐暑性は弱い特性がある。

 POトンネル栽培では高温となるので下葉が枯れている。次回は2月中旬以降は換気フィルム栽培にしたい。明日は雨、元気になると考えている。

posted by 菜園おじさん at 07:52| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋播きキャベツ:POから寒冷紗へ切り替え


 秋播きキャベツ(収穫時期4月〜6月)を栽培する。10月10日、夏播きキャベツを育てた苗床に金系201号を播種する。10月19日、発芽する。

 11月18日、追肥を施し苗床をビニールフィルムで覆う。12月9日、畝をつくる。12月13日、育苗床の苗8株を植え付ける。

 2017年1月11日、1回目の追肥を施す。2月11日、2回目の追肥を施す。3月20日、POから寒冷紗トンネルに切り替える。

 
7.POから寒冷紗へ切り替え(3月20日)

 3月20日、気温が上昇してきたのでPOから寒冷紗トンネルに切り替える。POフィルムを撤去し、寒冷紗のトンネルとする。

SSCN1076[1].JPG
(POフィルムから寒冷紗に切り替える)

 秋播きキャベツは玉を巻き始めている。収穫時期は4月を予定している。

posted by 菜園おじさん at 07:45| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする