2017年03月17日

春播きゴボウ:畝づくり


 毎年ゴボウ(柳川理想)を春・秋の年2回栽培している。栽培のポイントは「やけ症」防止対策である。3月4日、春播きゴボウの土づくりを行う。

 3月7日、深く掘った溝をサツマイモ畑の土で埋め戻す。3月16日、畝をつくる。


3.畝づくり(3月16日)

 3月4日、長ネギの跡地をシャベルで掘り起こし、2条(深さ約40〜50cm)の溝をつくる。3月7日、深く掘った溝を秋野菜畑の肥えた土で埋め戻す。

SSCN0913[1].JPG
(割り竹の土留めで高畝をつくる)

 3月16日、畝をつくる。秋野菜畑の肥えた土で埋め戻した畝をレーキで平らにし幅1m×長さ2mの高畝をつくる。割り竹の土留めで土が崩れないようにする。

 2条の畝の土を金属篩で篩い、土の塊や野菜残渣などを取り出す。今年はやけ症対策として元肥を施すのを止め、追肥で栽培する。

 ゴボウの発芽適温は20〜25℃、3月下旬に播種し換気フィルムのトンネル栽培を行う予定。

posted by 菜園おじさん at 07:39| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白菜:菜花の収穫を始める


 8月26日、マクワウリの跡地を耕し、土づくりをする。8月30日、畝をつくる。8月31日、白菜を播種する。9月7日、発芽する。9月28日、1本仕立にする。

 10月12日、1本仕立ての白菜に追肥と土寄せを行う。12月12日、直播き白菜の収穫を始める。2017年1月13日、霜除け対策として寒冷紗を張る。

 3月16日、菜花(トウ立ちした白菜の蕾)の収穫を始める。


9.菜花の収穫を始める(3月16日)

 3月16日、未結球白菜が大きく生長しトウ立ちを始める。3月16日、菜花(トウ立ちした白菜の蕾)の収穫を始める。

SSCN0983[1].JPG

SSCN0981[1].JPG
(とう立ちした白菜菜花)

 蕾のついた4株の芯を切り取る。白菜菜花は柔らかくアクが無い菜花、おひたしや和え物にしていただいている。

posted by 菜園おじさん at 07:33| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする