2017年03月13日

菜園の草花:アスターの発芽


 2017年3月4日、夏の花壇に咲く花として「アスター」をトマトハウスの中に播種する。早く苗を定植できるようにトマトハウスの空き地に播種する。

SSCN0961[1].JPG
(発芽したアスター)

 マリーゴールドの横に幅2cm×深さ1cm×長さ40cmの3条の溝を作りすじ播きする。約1cm覆土し、鎮圧後ジョウロでたっぷり散水する。

 3月12日、順調な発芽が始まる。乾燥を防ぐためにベタ掛けしていた防虫ネットをトンネルとする。マリーゴールドは苗が枯れたので日焼けと寒さ除けにする。

 本葉4〜5枚に生長したら花壇に定植する(2017年3月12日作成)。

posted by 菜園おじさん at 07:27| Comment(0) | 菜園の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホウレン草(1):畝づくり

 
 2月28日、直播き白菜の跡地(幅90cm×長さ約3m)をシャベルで深く耕す。3月11日、元肥を施し、畝をつくる。


1.畝つくり(3月11日)

 3月11日、直播き白菜の跡地(幅90cm×長さ約3m)に元肥を施し、畝をつくる。元肥として1m2当たり苦土石灰100gを散布し鍬で鋤き込む。

SSCN0957[1].JPG

SSCN0959[1].JPG
(空き地で元肥を混和し畝に鋤き込む)
 
元肥として1m2当たり完熟落葉堆肥(踏込み温床の堆肥)1kg、グリーン堆肥1kg、油粕200g、発酵鶏糞100g、EMボカシ100gを空き地で混和する。

 散布後、3本鍬で2回耕し元肥を鋤き込む。レーキで土の塊を砕き平らに均し平畝とする。3月16日頃種を直播にする。POトンネル栽培とする。

posted by 菜園おじさん at 07:21| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トウモロコシ(1):発芽が始まる


 毎年春夏2回のトウモロコシを防虫ネットハウス内で栽培している。1月8日、唐辛子とモロヘイヤの跡地(幅1.2m×長さ3m)をシャベルで深く耕し天地返しを行う。

 2月26日、種(ゴールドラッシュ)の浸水処理を始める。2月27日、浸水処理した種15粒を温床に播種する。3月11日、2回目の種10粒を温床に播種する。

 3月12日、発芽が始まる。


5.発芽が始まる(3月12日)

 2月27日、1昼夜浸水処理した種15粒を条間10cm×株間5cmとして温床に播種する。乾燥を防ぐため不織布をベタ掛けする。

SSCN0967[1].JPG
(3粒のトウモロコシが発芽する)
 
 
 3月12日、ゴールドラッシュ15粒の発芽が始まる。15粒の内3粒の芽が出ている。気温は12℃、ハウス内の温度28℃、簡易温床の地温は22℃であった。

 古い種を播いたので上手く発芽しないようである。このまま育苗し本葉2.5枚に成長したらトウモロコシ畑に植え付ける。植え付け時期は4月上旬を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 07:16| Comment(0) | 穀類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする