2017年03月10日

スティックブロッコリー:畝をPOトンネルで囲む


 春播きスティックブロッコリー(収穫時期5月〜6月)を栽培する。2017年1月19日、スティックブロッコリーを育苗する簡易温床の苗床をつくる。

 1月27日、苗床に播種する。2月5日、発芽が始まる。2月20日、仮畝に元肥を施す。2月24日、苗床の苗の間引きと土寄せを行なう。

 2月27日、畝に黒マルチを張る。3月6日、本葉3枚の幼苗をポットに移植する。3月9日、畝をPOトンネルで囲む。

 
9.畝をPOトンネルで囲む(3月9日)

 2月27日、幅80cm×長さ2mの畝に玉ネギ用穴開き黒マルチを張る。3月9日、黒マルチを張った畝をPOトンネルで囲む。

        SSCN0909[1].JPG
           (ブロッコリーを定植する畝をトンネルで囲む)

 割り竹支柱でアーチ状の骨格をつくり、POフィルムを張る。ブロッコリーの生育適温は15〜20℃。トマトハウスで育苗中の苗が本葉4〜5枚となったら植え付ける予定。

posted by 菜園おじさん at 07:35| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリーゴールド:苗が枯れる

 
 毎年景観とネコブセンチュウ予防のため、畑の周りにマリーゴールドを栽培している。2月25日、トマトハウスの空き地に播種する。3月5日、発芽が始まる。

 3月9日、全ての苗が枯れる。


3.苗が枯れる(3月9日)

 2月25日、トマトハウスの空き地に条間10cm×長さ1m×深さ1cmの溝を3条つくり、株間約2cmとしてスジ播きにする。3月5日、発芽が始まる。

 3月9日、全ての苗が黒く焼け枯れる。マリーゴールドの生育適温は15〜20、5℃で生育は止まり0℃以下で枯死するといわれている。

 ここ2〜3日印西市も冬の寒波が到来し、早朝の気温は0℃以下となる。ハウス入り口に張っているビニールフィルムの閉め方が不十分で室温が低下したと考えている。

 今後は花壇に直播きする予定。

posted by 菜園おじさん at 07:29| Comment(0) | 菜園の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミツバ:収穫を始める

 
 ミツバは日本原産のセリ科の野菜、明るい日陰で育つ。2月5日、土づくりを行う。2月15日、畝をつくりビニールトンネルで覆う。

 2月20日、播種する。3月11日、発芽が始まる。3月30日、ビニールトンネル栽培のミツバの苗が焼けて無くなる。4月2日、再播種する。

 4月18日、再播種したミツバが発芽する。5月1日、1回目の間引きと追肥を施す。5月26日、収穫を始める。11月20日、全てのミツバを刈り取る。

 2017年1月11日、ミツバの作付面積を半減する。1月25日、畝をPOトンネルで覆う。3月9日、収穫を始める。


13.収穫を始める(3月9日)

 2017年1月11日、食べきれないのでミツバの作付面積(幅80cm×長さ0.5m)を半減する。1月25日、芽が出始めているので畝をPOトンネルで覆う。

 3月9日、POトンネル内で葉っぱが大きく育ったので収穫を始める。一掴み分をハサミで刈り取る。ミツバは刈り取っても新たに芽を出すので数回収穫できる。

 ミツバの株周りに油粕液体肥料100ccの1リットルに希釈液を施す。3月一杯はPOトンネル栽培を続ける。

ラベル:ミツバ 収穫
posted by 菜園おじさん at 07:25| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする