2017年03月31日

枝豆:発芽(1)


 サトイモの跡地(幅80cm×長さ6m)に枝豆を栽培する。2017年1月6日、栽培予定地を天地返しする。1月17日、消し炭や落花生の殻などをばらまく。

 3月7日、仮畝に元肥を施す。3月10日、畝をつくり、黒マルチを張る。3月12日、畝をPOトンネルで囲む。3月17日、1回目の播種をする(18ヶ所)。

 3月30日、1回目に播種した枝豆の発芽が始まる。


6.発芽(1)(3月30日)

 3月17日、1回目の枝豆(早生、おつな姫)を播種し、POトンネル育苗を始める。3月30日、3月17日に播種した種(18ヶ所)の発芽が始まる。

SSCN1189[1].JPG

SSCN1191[1].JPG
(POトンネル内で発芽した枝豆)

 18の播き穴の内6ヶ所か発芽している。4月上旬までには芽が出揃うと考えている。4月中旬までPOフィルムのトンネル内で育苗する。

タグ:枝豆 発芽
posted by 菜園おじさん at 13:17| Comment(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋播きゴボウ:換気POトンネル撤去


 春に収穫する秋播きゴボウを栽培する。10月14日、土づくりをする。10月16日、畝をつくる。11月8日、柳川理想ゴボウを播種する。

 11月25日、発芽が始まる。畝を換気フィルムで覆う。2017年2月4日、畝の除草と潅水をする。3月30日、換気POトンネルを撤去する。


6.換気POトンネル撤去(3月30日)

 11月8日に直播した秋播きゴボウ、11月25日からゴボウの発芽が始まる。ポツリポツリと芽が伸びている状態、畝を換気フィルムで覆う。

SSCN1215[1].JPG

SSCN1212[1].JPG
(本数は少ないが生育順調な秋播きゴボウ)

 3月30日、気温が上昇してきたので換気POトンネルを撤去する。ゴボウの換気POトンネル栽培、気温が上昇するとアブラムシがつく可能性が高い。

 ビニールトンネルを撤去し、畝に蔓延っている雑草を抜き取る。成長が早いゴボウは本葉4枚となっている。越冬中に枯れたゴボウも多い。

 アブラムシ予防に草木灰を振りかける。本葉5〜6枚に生長したら2回目の追肥を施す予定。

posted by 菜園おじさん at 07:19| Comment(0) | 根采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャガイモ:発芽・霜害対策

 
 2017年も2種類のジャガイモ(キタアカリ、トーヤ)を栽培する。12月10日、九重栗カボチャの跡地をシャベルで深く耕し天地返しをする。

 2017年1月22日、土壌の低pH化を図るために米の研ぎ汁発酵液(乳酸菌)を散布する。1月25日、種イモ3kgを購入し浴光催芽を始める。

 2月8日、天地返しをした耕地を3本鍬で耕し仮畝をつくる。2月18日、市販木酢液希釈液を仮畝に散布し3本鍬で混ぜ合わせる。

 2月22日、元肥を施し、畝をつくる。2月27日、畝に黒マルチを張る。3月2日、種イモを二つに割り切り口を乾燥する(腐敗防止処理)。

 3月6日、種イモ3kg(65片)を植え付ける。3月30日、発芽が始まる。霜害対策に不織布をベタ掛けし寒冷紗のトンネルで覆う。


10.発芽・霜害対策(3月30日)

 3月5日、穴開き黒マルチを張った畝にジャガイモ(キタアカリ24片、トウヤ41片)を植付ける。3月30日、4〜5ヶ所で発芽が始まる。

SSCN1155[1].JPG

SSCN1158[1].JPG

SSCN1160[1].JPG
(発芽が始まった畝に不織布をベタ掛けする)

 霜害対策として不織布をベタ掛けし寒冷紗のトンネルで覆う。先ず黒マルチの畝に不織布をベタ掛けする。不織布のベタ掛けだけでは霜害を受けたので寒冷紗のトンネルで覆う。

 3条の畝に霜害対策を講じた。4月上旬には芽欠きを行い、1株を2〜4本に仕立てる。

posted by 菜園おじさん at 07:14| Comment(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする