2016年04月30日

カリフラワー:2回目の追肥

 今年からカリフラワーを栽培する。3月23日、購入苗4株を植え付ける。4月5日、1回目の追肥を施す。4月29日、2回目の追肥を施す。


3.2回目の追肥(4月29日)

 4月29日、カリフラワー4株に2回目の追肥を施す。換気トンネルのフィルムを捲り、畝周りの雑草を抜き取る。カリフラワー4株は順調に生育している。

          IMG_0005_8.jpg
               (カリフラワー4株に追肥を施す)

 追肥として1株当たりEMボカシ肥料50gを施し、竹ヘラで鋤き込む。さらに油粕液体肥料400ccの2リットル希釈液をジョウロで施す。

 換気フィルムのトンネルを寒冷紗に切り替える。収獲は6月上旬を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 08:13| Comment(0) | 花蕾類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大玉トマト:苗の植付け

 2015年12月10日、天地返しをする。2016年3月6日、植付け場所に深溝を掘り落葉堆肥を施す。3月29日、畝をつくり黒マルチを張る。

 4月29日、桃太郎EX(接ぎ木苗)5株を植え付ける。


4.苗の植付け(4月29日)

 4月29日、幅80cm×長さ5mの平畝に桃太郎EX5株(接ぎ木苗、240円/株)を植え付ける。植付けは寝かせ植えとする。

          IMG_0001_17.jpg
                (移植ごてで植え穴をつくる)

          IMG_0002_14.jpg
                (植え穴に根鉢を寝かせる)


          IMG_0002_15.jpg
               (根鉢と茎を土で覆い鎮圧する)


 トマトの寝かせ植えは、トマトの徒長を防ぎ捻枝をし易くする。先ずポット苗のドブ漬けを行い、根鉢にたっぷり水を吸わせる。

 次に幅80cm×長さ5mの平畝に株間90cmとして直径8cmの植え穴に5株植え付ける。手で深さ5cm程度の植え穴を掘る。ジョウロで潅水する。

 ポット苗の根鉢を植え穴に寝かして植え付ける。花の蕾のある方向を手前側にする。浅植えとし根鉢の周りを土で覆い、手で軽く鎮圧する。

 さらに先端の葉3〜4枚を残して苗を土で覆う。活着を早めるため、油粕液体肥料50ccの10倍希釈液を1株当たり100cc程度施す。

 最後に寒冷紗のトンネルで覆う。植え付け後10日位で活着する。活着し直立してきたら支柱を立てることにしている

posted by 菜園おじさん at 08:08| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュウリ:苗の植付け

 3月17日、キュウリの栽培予定地に天地返しをする。3月23日、苦土石灰、草木灰、堆肥を施す。4月3日、畝をつくり、黒マルチを張る。

 4月29日、購入苗4株(ときわ333)を植え付ける。


4.苗の植付け(4月29日)

 4月29日、キュウリ苗4株(ときわ333、接ぎ木苗、220円/株)を幅85cm×長さ3.3mの畝に植え付ける。先ず、ポット苗をドブ漬けし根鉢にたっぷり吸水させる。

          IMG_0004_9.jpg
               (接ぎ木キュウリ苗ときわ333)

          IMG_0006_7.jpg
                (植え穴に浅く植え付ける)


          IMG_0001_19.jpg
             (畝を換気フィルムのトンネルで覆う)

 続いて、株間70cmの植え穴を約5cm掘り、ジョウロで潅水し根鉢を置く。まだ気温が低いので浅植えとし、根鉢の周りに土を寄せ手で土を軽く鎮圧する。

 仮支柱を立て、苗をポリ紐で8の字状に固定する。油粕液体肥料50ccの10倍希釈液を1株に対し100cc程度施す。

 強風や寒さ、霜対策としてキュウリ苗を換気フィルムのトンネルで囲む。植付け時の気温は19℃、深さ5cmの地温は22℃であった。

 キュウリ苗は植え付け後10日前後で活着すると考えている。5月20日前後まで換気フィルムのトンネル内で育苗する。

posted by 菜園おじさん at 07:59| Comment(0) | 果采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする