2015年11月30日

パセリ:防寒対策

 5月30日、土づくりを行う。5月31日、種の浸漬を始める。6月2日、パセリ(パラマウント)を播種する。6月14日、発芽する。7月2日、除草と中耕をする。

 7月7日、密な苗を間引き1回目の追肥を施す。9月2日、収穫を始める。11月30日、防寒対策としてビニールトンネルで覆う。


8.防寒対策(11月30日)

 9月2日から収穫を始めたパセリ、順調に生育している。11月30日、印西市も霜が降りはじめたので防寒対策として換気フィルムのトンネルで覆う。

          IMG_0008.jpg
                (順調に生育しているパセリ)

          IMG_0009_1.jpg
             (換気フィルムのトンネルで畝を覆う)

 割竹支柱をアーチ状に挿し込み、トンネルの骨組みをつくる。換気フィルムのトンネルで覆う。収穫時にフィルムを捲らない片側のフィルムは土で覆う。

 収穫時にフィルムを捲る側は、雨除けハウスの支柱に用いる鋼管パイプを3本のせ、ペットボトルの重石を乗せて置く。収穫時のフィルムを捲る作業が楽にできる。

 冬季の強風対策として、トンネルの上に園芸ネットを掛けUピンで固定する。来年5月まで収穫する予定。

posted by 菜園おじさん at 14:05| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホウレン草(5):播種

 11月23日、九重栗カボチャの跡地に元肥を施し、畝をつくる。11月30日、播種する。

 
2.播種(11月30日)

11月30日、幅80cm×長さ3mの平畝にホウレン草(5)を播種する。先ず畝をレーキで表面を耕し、長さ70cmの角材で平らにする。

          IMG_0002_3.jpg
               (4条の播き溝をつくり種を播く)

          IMG_0001_6.jpg
                (造粒種を3cm間隔で播く)


          IMG_0003_4.jpg
               (古いビニールのトンネルで覆う)

 角材で条間約15cmとして幅2cm×深さ約1cmの溝を4条つくる。そして溝に種(サカタ:ソロモン法蓮草、造粒種)を直播きする(3cm間隔)。

 篩で篩った土を約1cm覆土し、播き溝を角材で強く鎮圧する。畝に割竹支柱をアーチ状に挿し、ビニールトンネルで覆う。

 10日程度で発芽すると考えている。収穫時期は2月末を見込んでいる。

posted by 菜園おじさん at 13:43| Comment(0) | 葉采 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

菜園日記: いんざい市民活動 だんごまつり

 11月28日〜29日の2日間、地域交流2号館で「いんざい市民活動 だんごまつり」が開催される。印西市で活動しているボランティア50団体が参加する。

          IMG_0002_2.jpg
              (玄関に休憩用パラソルを設置する)

          IMG_0001.jpg
             (綿菓子、ポプコーン、珈琲を販売する)

 今年は@まち歩き・自然・地域デビューコーナー、➁ 防災教室・省エネ診断・太極拳・おもちゃの病院・フェアトレード雑貨販売などたくさんの企画が出展される。

 我が小林住みよいまちづくり会も毎年参加しているお祭りである。玄関脇の空き地にパラソル5基を設定し、入口で綿菓子・ポプコーン・珈琲を販売する。

 男性8名で綿菓子・ポプコーン・珈琲・団子を販売する。以前は綿菓子の製造で大忙しであったが、少子化の影響で綿菓子を購入する子どもが減少した。

 このため綿菓子とポプコーンづくりをする。綿菓子づくりかなりの技術が必要だが、ポプコーンは簡単につくることが出来る。

 晴天に恵まれ来館者も多く、10時〜16時までフルタイムで子ども達に綿菓子とポプコーンをつくる。子ども達の笑顔を見ると疲れも忘れる。

 自宅に帰ると「午後、長男家族が来たの」、5歳の孫が「公園で遊びたい」と言っていたよと妻が言う。上手く行かないものである。

 明日も朝から綿菓子とポプコーンをつくる。畑の野菜の生育も気に掛るが、この2日間はボランティアに専念したい(平成27年11月29日作成)。

posted by 菜園おじさん at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする